4つの形態の中から適した墓地を探す知識や方法まとめ

墓地は大きく分けて四つの形態が存在します。
①公営墓地
②寺院墓地
③民営墓地
④共同墓地
ご家族のスタイルに合わせて適した墓地を選びたいものです。
墓地探しに関連する記事を書いていますので是非参考にしてください。

将来子供に迷惑をかけないために今からできる終活|お墓編

オシャレな洋風生前墓

昨今、流行の兆しを見せる自らの死に向けての準備である「終活」。自分にもしもの事が有った際に残された家族・親戚、特に子供に迷惑をかけたくないという親心が終活の背景にあります。

終活の主な内容として資産の整理、人間関係の整理、葬儀の準備などが真っ先に思い浮かびますが、遺骨となった後の納骨先であるお墓探しも忘れてはいけない終活のひとつです。そして生前のお墓は上手に準備できれば残される子供への負担を大きく減らす事が可能です。

今回は子供に迷惑をかけないための終活|お墓編として『生前墓』に関してご紹介します。




続きを読む

本当に公営霊園が良いの?墓探し前に知るべき3つの墓地形態

『公営墓地』と『民営墓地』二つの経営主体

都営墓地と市営墓地

墓地を大きく分けると『公営墓地』『民営墓地』『寺院墓地』の三つの墓地形態があります。

 公営墓地 各都道府県市町村などの白治体が管理・運営する墓地で、宗教の制限はなく石材店も自由に決められます。
 民営墓地 宗教法人や公益法人(財団法人や社団法人など)が経営する墓地で宗派不問で、指定石材店制度がある場合が多い。
寺院墓地 寺院が管理運営する墓地で、その寺院の檀家となり寺院行事の参加や寄付など檀家としての勤めが必要になり、指定石材制度がある場合が多い。





続きを読む