百か日法要とは|服装は喪服?挨拶は?施主のお布施と親族の香典相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
百箇日法要の疑問を解消

百か日法要とはどんなもの? お布施や着ていく服についても知りたい

人が亡くなった場合、多くのご家族がお葬式を挙げます。またそのあとに、一連の法要を行うこともあるでしょう。
今回はそのなかから、「百か日法要(ひゃっかにちほうよう。「百ヶ日法要」と記すこともある)」を取り上げます。


百か日法要とは三か月後に行う法要である

百箇日法要とは何か

「百か日法要」とは、その名前の通り、人が亡くなった後の百日目に行われる法要です。

一般的に法要は、「初七日法要」「四十九日法要」を経て、この百か日法要に至ります。もっとも現在では、初七日法要は「亡くなって一週間目のタイミングで行うもの」ではなく、火葬の後にすぐに行われることが多いものとなっています。

昔とは異なり、住む場所・働く場所が「同じ地域」でなくなった今、1週間目のタイミングで再び集まるのは難しいからです。

さて、この百か日法要は、儒教の教え・考え方に基づいています。
儒教では「士(男子、特にすでに独立している立派な男性を指す)は三か月で哀切極まる慟哭を卒業する」という考え方があります。どれほどの悲しみがあっても、三か月を基本としてその悲しみに区切りをつけて、そこから日常の生活に戻っていくのだという決意を感じさせる言葉です。

仏教は儒教の考え方とも通じるところがあるため、この考え方に基づいて「百か日法要」というものができたのだと考えられています。また、その儒教の教えを受け継ぐ形で、百か日法要は「卒哭忌(そっこくき。痛哭から卒業する)」とも呼ばれることがあります。

加えて、三か月ほど経つと人の体は白骨化するため、魂もまたかつての体と別れるという考え方もできます。

百か日法要は、「いつもと同じ生活」「元の生活」に戻るための法要だとも言われています。遺品の整理を行い、遺産などについても整理をします。日本の法律においては、相続も三か月までのタイミングで行われますから、法律的にも一つの区切りとなるでしょう。

ただ、現在では仏教を信仰するご家庭であってもこの「百か日法要」は行わない、というご家庭もあります。百日目のタイミングで集まるのは難しいということ、お金もかかるということが理由の一つでしょう。

この場合は、四十九日法要の次の法要は一周忌となります。

 

百か日法要のお布施と不祝儀袋について

百箇日法要で必要な費用

それではここからは、百か日法要を行う場合のやり方や流れ、持っていくべきものなどについて見ていきましょう。

「施主側」と「参列者側」によって、その対応は異なります。

 

施主側のお布施

百か日法要の場合、そのやり方は大きく分けて2通りです。

百か日法要パターン①遺族だけで執り行う

まず、家で集まって静かに手を合わせる、というもの。「法要」とはされていますが、場合によっては宗教者は呼ばず、遺族だけで集まるということもあります。

 

百か日法要パターン②宗教者を呼び執り行う

もう一つは、宗教者を呼び読経してもらうというケースです。また、一般的に納骨は四十九日のタイミングで行われることが多いのですが、百か日法要の際に納骨を行うというケースもあります。

 

パターン①のケースでは、当然お布施は発生しません。

パターン②のケースではお布施をお渡しすることになりますが、百か日法要の場合、そもそも現在では「これを行う」という家庭が少なくなっているため、なかなか平均値は求められません。

ただ一つの基準として、30,000円~50,000円程度をお渡しするというケースも多いようです。また、読経を依頼した宗教者に自宅や墓地などに足を運んでいただく場合は、お車代として5,000円~10,000円程度、会食に参加されない場合は、御膳料として5000円~10000円程度をお渡しするとより丁寧です。

 

【関連記事】お布施の金額相場の目安表|葬儀・法事・納骨・彼岸・お盆

 

招かれた側の不祝儀袋(香典)

では、「施主側」ではなく、「百か日法要に招かれた側」のときはどうすればよいのでしょうか。

この場合は、不祝儀袋に5000円もしくは10000円を入れて持参するのがよいとされています。葬儀のときにはどの宗派でも使える「御霊前」という言い回しですが、百か日法要の場合は「御仏前」あるいは「御供物料」などのような表記を用います。水引は双銀のものを選ぶと失敗がありませんが、地域によっては黒白・水色と白色・黄色と白色などを用いることもあります。

なお、お供物を実際に持っていくかどうかいうのは判断が分かれるところですが、現在は「お墓には食べ物は供えられない」としているところもあります。
そのため、持ち帰ることが前提のお供物を手配するとよいでしょう。

 

百か日法要の服装とあいさつについて

法事でのあいさつ文例

百か日法要の時に着用する服装に関しては、基本的には喪服で行くとよいでしょう。

しかし特に「平服で」などのようなアナウンスがあった場合は、地味な色合いの服装で行っても構いません。特に「足元が不安である」などのように身体的な心配がある人の場合は、色合いの落ち着いた、動きやすい服装を選んでも問題はないでしょう。

挨拶に関しても施主側と招かれた側では当然異なります。

 

施主側のあいさつ

施主側としてあいさつをする場合は、簡潔に行います。参列をしてくれたことへのお礼と、百か日法要を執り行う旨のアナウンスくらいで十分です。(これに宗教者へのあいさつが入ることもあります)

 

招かれた側のあいさつ

招かれた場合は、招いてくれたことへのお礼を述べます。そしてそのあとに、「今まで大変だったことをねぎらう言葉」「一緒に供養するという意思」を表す言葉を添えればよいでしょう。
「本日はお招きいただきありがとうございました。いろいろと大変でしたでしょう。今日は一緒に供養をさせていただきたく思います」などのような言い回しです。

 

百か日法要まとめ

ここまで、百か日法要に関して、執り行う施主側と招かれる側の必要な準備や挨拶に関してご紹介させていただきました。

昨今では、百か日法要に合わせて納骨も行う場合を除いては、百か日法要を行わないか、家族だけで行うなど小規模の場合が多いです。

前後に重要な『四十九日法要』と『一周忌法要』があるので、施主も親族も負担を少なくしたいと考える流れなのではないかと感じます。上記の理由等で百か日法要を行わない場合も、家族一緒に仏壇やお墓に手を合わる時間をつくれば問題ないと著者は考えます。

そこに故人を想う気持ちがあれば良いのではないでしょうか。

 

【合わせて読みたい記事】四十九日法要で親戚はどこまで呼ぶの?準備費用と当日の流れ

 

■百箇日法要に合わせてお墓をつくる場合■

宗旨宗派不問の民営霊園または納骨堂、各宗派の寺院墓地をお探しの場合は日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」
が便利です。近隣エリアから検索して気になる墓所の資料請求をしましょう。

また、先ずはお墓専門家である石材店に相談したいという場合は、お墓探しのミカタの石材店紹介サービスをご利用ください。お住いの地域の頼れる石材店を探して完全無料でご紹介させていただきます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*