仏事カテゴリー

回忌法要やお盆お彼岸などの行事、お墓参りや寺院との関りなど、仏事に関するお役立ち記事を掲載しています。

回忌法要関連記事
四十九日法要
百箇日法要
一周忌法要
三回忌法要
七回忌法要

<仏事のお金>

お布施の相場目安表

<納骨>

納骨の時期と準備手順

<お墓参り>

お墓参りの持ち物と手順

<檀家>

菩提寺の離檀について

【仏事カテゴリー記事】

お盆について解説ブログ

「お盆」はいつからいつまで?お盆飾りやお墓参りの方法について解説

「お盆休み」と一言で言っても、いつからいつまでがお盆なのか、うろ覚えだという人は多いでしょう。お盆の期間は決まっています。お盆中は、お墓参りやお盆飾りなどを行い、命を与えてくれた先祖に感謝を伝えましょう。お盆の期間や意味 […]

コメントなし
七回忌法要

七回忌法要とは何年目の法事?呼ぶ範囲は家族だけか?親族も呼ぶか?

仏教の追悼行事のひとつに、「七回忌法要」があります。 今回はこの七回忌法要について 七回忌法要は何年目に行うか、また次の法要はいつか 七回忌法要は親族を呼ぶのか、あるいは家族だけで行うのか 七回忌法要の服装やお布施、お供 […]

1件のコメント
三回忌法要について詳しく知りたい人に向けた役立ち記事

三回忌法要はいつ行う?意味やお布施・お花・施主の挨拶について知る

「三回忌法要はいつ行うのか」は、実はかなり混乱が生じやすい部分です。三回忌法要は、「その人が亡くなってから満3年めに行うもの」ではなく、「故人が旅立って、満2年めのタイミングで行う法要」をいいます。   201 […]

コメントなし
新型コロナウィルス感染拡大の中法事はどうするべきか?

新型コロナウィルス流行の影響で法事法要は行うべき?参加するべき?

中国発祥の新型コロナウィルスが、日本国内でも初確認されてから一年以上経過し、私たちの日常は様変わりしました。   感染予防のための3蜜を避ける新しい生活様式の中、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回 […]

1件のコメント
納骨は骨壺のままか撒くかの疑問解消

納骨は壺のままか直接土に撒くのか?TVすべらない話千原ジュニア談

2020年1月11日にフジテレビで放送された『人志松本のすべらない話』で、芸人の千原ジュニアさんが   『おばあちゃんの納骨の際に骨壺の大きさが、お墓の納骨口の広さより大きかったため、急きょ骨壺から遺骨を出して […]

コメントなし
水子供養の方法

水子供養のやり方と費用は?流産や中絶した子どもの供養方法とお参り

さまざまな事情で、死産に終わったり妊娠を中断しなければならなくなったりする人もいるでしょう。   そのような場合には、どのように弔っていけばよいのでしょうか。   それについて、法律面と心情面から見て […]

コメントなし
寺院の檀家をやめて離檀したい人のお役立ち記事

檀家をやめたい!菩提寺の離檀による費用とメリット&デメリット

「檀家(だんか)」という単語は、昔は非常によく知られた言葉でした。   家は寺院に属し、その寺院を助け支援するという考え方があったのです。   江戸時代には法律として整備されており、家は必ずどこかの寺 […]

コメントなし
一周忌法要を詳しく調べる

一周忌法要の挨拶・服装・お布施・案内状・引き出物|施主の事前準備

一周忌法要とは、「亡くなってから1年目に行われる法要」のことを指します。   ただ現在では、「一周忌はぴったり1年目にしなければならない」という考え方は、時代に合わずメジャーではありません。   1年 […]

コメントなし
新盆の疑問を徹底的に解決するブログ

新盆の時期とやり方|初めてでも安心!新盆の準備と迎え方ガイド

新盆は、死者の霊が初めて家に帰ってくるお盆です。故人や先祖をお迎えするために、お盆用品をそろえたり、僧侶や親戚を招いたり、前もっての準備が必要です。 しかし、何を準備すればよいのか分からない、お盆期間中に何をすればよいの […]

1件のコメント
百箇日法要の疑問を解消

百箇日法要とは|服装は喪服?挨拶は?施主のお布施と親族の香典相場

百箇日法要とはどんなもの? お布施や着ていく服についても知りたい。   人が亡くなった場合、多くのご家族がお葬式を挙げます。またそのあとに、一連の法要を行うこともあるでしょう。   今回はそのなかから […]

2 comments
https://ohaka-sagashikata.com/wp-content/uploads/2018/02/いつ納骨すれば良いのか?納骨のベストな時期を考える.jpg

納骨はいつまで?お布施と石材店の費用|手続き方法と当日の式流れ

大切な人が亡くなり、お通夜を行い、告別式を行い、火葬を行い、初七日法要を行った後にやってくるのが「納骨」です。   今回はその「納骨」について見ていきましょう。   なお、ここで取り上げている情報は、 […]

2 comments
お布施の金額相場早見表を解説した記事

お布施の金額相場の目安表|葬儀・法要・納骨・彼岸・お盆

寺院の数がコンビニの数よりも多い日本。   昔は戸籍を管理する役所の様な役割を担ったり、教育の場であったりと、寺は人々の生活と密接に関係していましたが、現代では檀家であっても家族の不幸やその後の回忌法要でしか接 […]

5 comments
お彼岸の意味とお参り方法

2021年のお彼岸の入りと明けはいつ?意味と迎え方やお墓参り手順

毎年訪れるお彼岸。   お彼岸にはお墓参りに行くという習慣がありますが、どういう意味があるのでしょうか?   春と秋に2回あるのはなぜでしょうか?   今回は、2021年(令和3年)のお彼岸 […]

3 comments
49日法事の疑問

四十九日法要で親戚はどこまで呼ぶの?準備費用と当日の流れ

四十九日法要は、初七日法要を終えた後、四十九日のタイミングで行う法要です。   なおこれはあくまで仏教だけのしきたりであり、神式の場合は五十日、キリスト教では二十日もしくは三十日を目安として行うことになります。 […]

5 comments
正しい墓参りの基本おさらい

お墓参りにお花やお供えなどの必要な持ち物は?行く時期や服装と手順

「お墓参りに何を持って行けばよいの?」 「お墓参りに行く時期はいつがいいの?」 「お墓参りの際の服装やするべきことは何?」   普段はご先祖様を意識する事が少ないかと思いますが、お彼岸やお盆になると多くの人はお […]

2 comments
お墓を建てる前に仏教の勉強

お墓を建てる前に知るべき仏教の事|宗派による違いは何?

これからお墓を建てようとする仏教徒の方は、仏教とお墓に関して事前に知っておいて損はありません。   今回は、仏教のお墓と七つ宗派の特徴に関してそれぞれ簡単にご説明したいと思います。

1件のコメント

「お盆」はいつからいつまで?お盆飾りやお墓参りの方法について解説

お盆について解説ブログ

「お盆休み」と一言で言っても、いつからいつまでがお盆なのか、うろ覚えだという人は多いでしょう。お盆の期間は決まっています。お盆中は、お墓参りやお盆飾りなどを行い、命を与えてくれた先祖に感謝を伝えましょう。お盆の期間や意味、お盆飾りやお墓参りの方法について解説します。

 

 

お盆は8月13日から16日までの4日間で、地域によっては7月

8月のお盆期間はいつからいつまでか

お盆の期間は、一般的には8月13日から8月16日までの4日間を指します。お盆の期間は毎年ほぼ変わりませんが、「お盆休み」の期間は、勤務先等によってそれぞれです。カレンダー上の都合から、しきたり上のお盆よりも長く休みをとれる人もいるでしょう。

 

ただ、お盆の期間が違う地域もあります。東京の一部では、お盆の期間は7月13日から16日の4日間です。日本中のスタンダードから東京だけ外れているという例は珍しいので、意外に思われる方もいるかもしれません。これは、明治政府が改暦を行った際に、東京だけが新暦に対応したお盆へ順応できたためです。明治以前の旧暦は、現在私たちが使っているカレンダーと比べて、約1か月のブランクがあります。日本中のスタンダードとなっている8月のお盆は、実は旧暦のお盆であり、7月に行う東京のお盆が、新暦に対応したお盆なのです。

 

 

お盆の意味

お盆の意味とは

お盆には、先祖の霊がこの世に降りてくるといわれています。お盆と似た行事に、春と秋の「お彼岸」がありますが、お彼岸は「あの世(彼岸)」と「この世(此岸)」の距離が近くなる期間とされています。よってお彼岸は先祖の霊をより身近に感じられる期間として、お墓参りが行われます。そしてお盆は、先祖の霊がこの世へ降りてきてくれる、年に一度の機会です。よって、お盆には先祖の霊を自宅へお連れし、もてなし、命のつながりに感謝をします。

 

 

お盆の流れ

お盆の流れとお墓

お盆の基本的な流れは、以下の通りです。ただ、地域や宗派、あるいはその家によって紡がれてきた風習は、それぞれ違います。地域の風習にのっとった行動をしましょう。

 

8月13日:迎え盆

初日の13日は、先祖を自宅へ招きます。夕方近くに、玄関の近くで迎え火を焚きます。先祖が迷わず家に来られるよう、火をもって案内するのです。迎え火は、正式には平皿などにオガラ(麻の茎)を乗せ、ライターやマッチで火をつけて玄関先に置きますが、火の扱いが不安であれば懐中電灯などを照らしてもいいでしょう。

また、提灯をともしてお墓参りへ行きます。提灯も、先祖の目の役割をします。提灯がない場合は懐中電灯でも構いません。

 

8月14日、15日:家で先祖の霊を祀る

14日、15日は、お盆飾りによって先祖の霊をもてなします。盆踊りによって、先祖の霊を慰める地域もあるでしょう。先祖の霊を呼んだ家には、親戚らを集めて、先祖に一族の元気な顔を見せます。親族が遠方であるときや、仕事が忙しくお盆休みが取れない場合は、お盆期間中のいつでもお墓参りを行って、先祖に挨拶をするのが全国的なしきたりとなっています。

 

8月16日:送り盆

夕方、先祖の霊をあの世へ送ります。迎え火を焚いたときと同様に、送り火を焚きます。先祖をお墓までお送りする目的で、もう一度お墓参りを行う地域もみられます。送り火も、お墓参りも、日が暮れないうちに行うのが安全ですが、なるべく遅めの時間帯を選ぶことで「名残惜しさ」を先祖に伝えることになるとされています。

 

 

お盆飾りの方法

お盆飾りの種類と流れ

お盆飾りの方法は、地域によって違います。ここでは、一般的なお盆飾りの方法についてご紹介します。

 

盆棚

お盆飾りをするための棚を、仏壇とは分けて、あるいは仏壇の手前にしつらえます。小机などでつくる棚の数は1段から3段で、菰(こも。小さめのゴザのようなもの)を敷き、一番上の段の中心に先祖の位牌を置きます。

 

盆提灯

盆棚の両脇に、盆提灯を置きます。

 

お供え

盆棚に、故人が好きだった食べ物のほか、素麺、花瓶に活けた花、果物、野菜といったお供え物を置きます。お盆のお供え物として特徴的なのが、ナスにオガラや割りばしを刺して牛に模したものと、キュウリを同様に馬に見立てたものです。それぞれ、「ご先祖様があの世から帰ってくるときは、キュウリの早馬で」「あの世へ帰られるときは、ナスの牛に乗ってのんびりと」という願いを込めたものです。

 

 

お墓参りの方法

お盆のお墓参りの方法

お盆のお墓参りの方法は、提灯をともすほかは、ふだんのお墓参りと同じです。

 

お墓の周りを掃除する

お墓参りをする前に、まわりの草を除去し、お墓自体をスポンジなどで磨いてきれいにします。花立や線香立てといった小物も、古歯ブラシなどを使って丁寧に洗いましょう。

 

お墓にお供え物をする

盆棚にお供えしたものと同じような供物、水、お花を供えます。

 

線香を立てる

線香に火をつけ、線香立てに入れてから合掌し、祈りを捧げます。

 

お供え物を撤収する

御供え物は、そのまま放置すると猫やカラスの害に遭ってしまうため、お参りの最後に持ち帰るのがマナーです。

 

 

お盆は先祖への感謝を伝える機会

お盆はご先祖様へ感謝の気持ちを改めて伝える機会

以上のように、お盆は先祖をもてなす1年に1度の機会です。親族みんなが集まって、お墓参りや盆棚飾りなどで手厚く祀れれば何よりですが、そうできない人もいるでしょう。お盆休みが取れない人や、お盆の帰省ができない人も、その場で先祖に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。お墓や位牌が目の前になくても、祈りを捧げれば、思いはきっと先祖に届きます。

 

お盆関連記事
新盆の時期とやり方
お布施の金額相場
田舎にある実家の墓じまい
お墓参りに必要な持ち物

七回忌法要とは何年目の法事?呼ぶ範囲は家族だけか?親族も呼ぶか?

七回忌法要

仏教の追悼行事のひとつに、「七回忌法要」があります。

今回はこの七回忌法要について

  • 七回忌法要は何年目に行うか、また次の法要はいつか
  • 七回忌法要は親族を呼ぶのか、あるいは家族だけで行うのか
  • 七回忌法要の服装やお布施、お供え物

について解説していきます。

 

七回忌法要は満6年目に行う法要

七回忌法要とは満6年目に執り行う法要

七回忌法要は、故人が旅立ってから満6年目の年に行う法要のことをいいます。

 

たとえば、2020年に亡くなったのであれば、2026年に七回忌法要を営むことになります。

 

また現在は、「亡くなった日の、前の週の土曜日もしくは日曜日」などのように、集まりやすい週(ただし法要は原則として後ろ倒しはしません。もっとも、年忌法要の場合は「どうしても都合がつかないのであれば、後ろ倒しにしてもやむを得ない」とする説もあります)の土日に行うことが多いとされています。

 

七回忌法要の後の回忌法要は十三回忌法要となります。なお十三回忌法要は、亡くなってから満12年のタイミングで行います。

 

一般的に「弔い上げ(これ以上の年忌法要は行わない)」は三十三回忌法要とされますが、七回忌法要で弔い上げとするケースもあります。

 

七回忌法要は親族を呼ぶのか、あるいは家族だけで行うのか

七回忌法要は家族だけ呼ぶのかそれとも親族も呼ぶのか

一般的に、七回忌法要の場合は家族と故人と近しい親族までが参列する法要だと考えておいてください。

 

また、七回忌法要に限った話ではありませんが、法要は一般葬とは異なり、喪主(施主)に声を掛けられた人しか出ません。

 

「もともと家族葬で、家族葬のときも同居していた家族だけで見送った」「一周忌のときも親族は呼ばなかった」という場合は、無理に親族を呼ぶ必要はありません。

 

家族だけで見送ることもできます。ただ一般的には、七回忌法要までは近しい親族も呼んで行うものと考えておいてよいでしょう。なお十三回忌法要以降は、親族を呼ばずに家族だけで行うことが多いです。

 

ただ、葬儀のかたちに正解がないように、法要のかたちにも正解はありません。

 

そのため七回忌法要であっても、「故人と親しかった友人まで呼んで行う」「近所の人も招く」などのように行っても、バッドマナーとはされないでしょう。

 

特に故人の遺したエンディングノートに、「××さんを七回忌法要に呼んでほしい」などの書きつけがあったのならばそれに従うようにします。

また上でも触れたように、家族だけで七回忌法要を営むことも決して悪いことではありませんし、その様なかたちも増えています。

 

 

七回忌法要のマナー~服装、お布施、そしてお供えについて

七回忌法要のお布施はいくら包むか

ここからは、七回忌法要のマナーについてみていきます。

 

服装

立場が「家族」の場合は略喪服をまとうのが一般的です。男性ならば、ブラックスーツに黒い靴下と金具の付いていない革靴、そして白いワイシャツを選びます。ネクタイの色は黒色です。

女性の場合は、黒いワンピースやアンサンブルを選ぶのが基本です。

 

ストッキングは黒色がもっとも望ましいでしょう。男性同様、金具のついていないパンプスを履きます。バッグは、光沢と金具がついていない黒の布地のものを選ぶのがベターです。

 

パール(白でも黒でも構わない)のアクセサリーならばつけてもよいとされていますが、ネックレスは必ず一連のものとします。また、不安に思うのならばつけない方が無難です。

結婚指輪は、男女ともに許容されます。

 

立場が「参列者」の場合は、男性は紺色やダークグレーのスーツに白いワイシャツを合わせます。靴や靴下、ネクタイは略喪服に準じますが、靴下とネクタイは「地味な色であれば、黒色でなくてもよい」とされています。

 

また女性の場合は、グレーのアンサンブルなども許容されます。ほかのものは略喪服に合わせるのが無難です。

 

お布施

三回忌までは僧侶を呼ぶのが一般的で、十三回忌からは呼ばないのが一般的です。

 

その境目にあたる七回忌は、「呼ぶこともあるし、呼ばないこともある」ということになります。

このあたりの判断は難しく、見解が分かれています。故人やご家族、ご親族の仏教への帰属意識の強さで決めるとよいでしょう。

 

また、回忌法要の時期になると檀家さんにご案内をしている寺院もありますので、菩提寺がある場合は、法要に関して事前に相談することをおすすめします。

 

僧侶を呼ぶ場合のお布施の相場は、30,000円~50,000円程度といえます。

 

また、僧侶が車で来る場合はお車代として5,000円~10,000円を、七回忌法要の後に食事の場を設ける場合でかつ僧侶がそれに参加しない場合は御膳料として5,000円~10,000円ほどを包むのがマナーです。

 

関連記事:お布施の金額相場目安表

 

七回忌法要のお供え

七回忌法要のお供えは、ほかの法要と変わりありません。果物やお菓子、そしてお花などを捧げるのが一般的です。自分が参列者として呼ばれた場合は、これらの品物を持っていくのもよいでしょう。

 

なお、仏壇に「お供え物」としてささげた後に、参列者の引き出物に少しずつ入れたり、お茶請けに出されたりすることもあります。このことを踏まえて、お菓子を持っていく場合は賞味期限の長いものを選ぶのが望ましいといえます。

 

七回忌法要は、故人とゆっくり向き合い話し合うことのできる場です。しっかり準備して、当日を落ち着いて迎えられるようにしましょう。

 

回忌法要関連記事
四十九日法要
百箇日法要
一周忌法要
三回忌法要

三回忌法要はいつ行う?意味やお布施・お花・施主の挨拶について知る

三回忌法要について詳しく知りたい人に向けた役立ち記事

「三回忌法要はいつ行うのか」は、実はかなり混乱が生じやすい部分です。三回忌法要は、「その人が亡くなってから満3年めに行うもの」ではなく、「故人が旅立って、満2年めのタイミングで行う法要」をいいます。

 

2018年に人が亡くなった場合は2019年に一周忌法要が行われます。そして、2020年に三回忌法要が行われるのです。2021年ではないことに注意してください。

 

三回忌法要の意味は、「追悼供養」です。亡くなった故人がより良き方向に行けるようにと祈るものであると考えるのが原則です。ただ現在では、「故人の思い出話をするため」という性質も強く持つようになりました。

 

三回忌法要の際に用意すべきものはたくさんありますが、今回はそのなかから「花」と「お布施」。三回忌法要内のそれぞれの場面で必要な施主の挨拶について詳しく取り上げていきます。



三回忌法要に用意すべき花

三回忌法要の際に施主が用意するお花

三回忌法要に限らず、弔事では白や黄色などのおとなしい色が適していると考えられています。三回忌法要もこの法則にしたがい、白色の花をベースとして選ぶのが無難です。

ただ、亡くなってから2年経っているということもあり、三回忌法要のお花の場合は少し色のついた明るめの花なども入れても良いとされています。

 

たとえば、「上品で高貴な色」として知られている紫色などです。また、ピンクの花も優しい雰囲気が作れるものとして人気の高い色だとされています。

 

原則として、赤色などの華やかすぎる色は避けるべきです。また、ばらなどの、トゲがある花もふさわしくありません。

 

ただ、「故人がこの花を愛していた」「故人がばらを育てており、そのばらが今も咲いている。ちょうど三回忌法要のときに盛りを迎える」などの場合は、これらの花を用いてもよいでしょう。

 

たしかにマナーは重要ですが、三回忌法要は故人とご家族のために行うものであって、「マナーを守るためにあるもの」ではありません。故人とご家族の気持ちに寄り添う花を選ぶことができれば、それがベストです。

 

 

三回忌法要のお布施の金額

三回忌法要でお坊さんに渡すお布施の金額詳細

三回忌法要の場合、宗教者(僧侶など。ここでは仏教と仮定します)に来てもらうケースが多いと思われます。そのような場合は、「お布施」を用意しなければなりません。

 

三回忌法要のお布施は、30,000円~70,000円程度が相場とされています。また、その僧侶がいるお寺ではないところではないところで三回忌法要を行う場合は、別途「御車代」が必要になります。御車代は、「どこまで来てもらうか」で異なりますが、一般的には、5,000円~10,000円程度が普通です。

 

三回忌法要のかたちはさまざまですが、現在は「法要を行い、みんなでお墓参りをして、その後会食を行い、解散する」というかたちが一般的です。

 

この「会食」に参加するかどうかは、僧侶の人柄と喪家との付き合い、またスケジュールなどによって異なります。僧侶が参加しない場合は、会食にかかる予定だった費用である5,000円~10,000円程度を「御膳料」としてお渡しします。

 

お布施と御車代、御膳料は、すべて「僧侶に渡すもの」です。しかしその性質は大きく違うので注意しましょう。

 

なお、お布施をお渡しする場合は、白無地の封筒を用いるのが一般的です。

 

お布施関連記事:お布施の相場目安表

 

三回忌法要におけるさまざまな『挨拶』

三回忌法要での施主の挨拶

三回忌法要では、さまざまなタイミングで「挨拶」を行う必要があります。

  1. 法要が始まる前の挨拶
  2. 法要が終わった後の挨拶
  3. 会食を始める前の挨拶
  4. 会食を終えた後の挨拶
  5. 僧侶に対する挨拶
    それぞれ見ていきましょう。

 

法要が始まる前の挨拶

三回忌法要が始まる前に、挨拶を行います。会場に全員が入った後に行うのが一般的です。来てくれた参列者に対するお礼と、三回忌法要を始める旨を簡潔に述べます。

 

法要が終わった後の挨拶

会食がある場合とない場合では、挨拶の仕方が異なります。ある場合は、「法要が終わったこと」「この後に会食すること」などを中心に、簡潔に述べます。ない場合は、再度足労の礼を述べ、故人の人柄に触れ、丁寧に挨拶を行います。また、引き出物がある旨をご案内するようにすると良いでしょう。

 

会食を始める前の挨拶

法要を終えたことのお礼と、ささやかながら飲食の場を設けたことを告げます。故人の思い出話をぜひ、などのように促すのも良いでしょう。

 

会食を終えた後の挨拶

会食がない場合の「法要が終わった後の挨拶」とほとんど変わりません。ただ、「名残惜しいが、お開きとさせていただく」などの案内があるとよりスマートでしょう。

 

僧侶に対する挨拶

僧侶に対する挨拶も、簡潔に行います。「法要と法話をありがとうございました」などのようにまとめると良いでしょう。

 

三回忌法要の挨拶は、「長ければ良い」というものではありません。要点を押さえつつも、ある程度簡潔にまとめる方がよいでしょう。なお挨拶は、特段の事情がない限り、喪主を務めた人間が行うのが一般的です。

 

ここまで、三回忌法要の意味や施主が用意する「お花」「お布施」と必要な「挨拶」につりてご紹介しました。

 

三回忌法要を行う時期になっても、さまざまな事情で、しかるべきところに故人の遺骨を埋葬できていない場合もまれに見受けられます。

 

時が経つほど、日々の生活に追われ、するべき事を後回しにしがちです。そのような場合は、「三回忌法要に間に合う様に・・」を目標として、埋葬(納骨)先を探すことが必要だと思います。

 

 

 

回忌法要関連記事
四十九日法要
百箇日法要
一周忌法要
七回忌法要

お墓探しのミカタ - にほんブログ村

新型コロナウィルス流行の影響で法事法要は行うべき?参加するべき?

新型コロナウィルス感染拡大の中法事はどうするべきか?

中国発祥の新型コロナウィルスが、日本国内でも初確認されてから一年以上経過し、私たちの日常は様変わりしました。

 

感染予防のための3蜜を避ける新しい生活様式の中四十九日百箇日一周忌三回忌七回忌、十三回忌・・・などの法事(回忌法要)の日程が既予定されていて、施主の場合は『開催するべきか?』、呼ばれている親族の場合は『参加するべきか?』悩んでいる方も少なくないと思います。

 

どうするべきか考えてみましょう。




続きを読む

納骨は壺のままか直接土に撒くのか?TVすべらない話千原ジュニア談

納骨は骨壺のままか撒くかの疑問解消

2020年1月11日にフジテレビで放送された『人志松本のすべらない話』で、芸人の千原ジュニアさんが

 

『おばあちゃんの納骨の際に骨壺の大きさが、お墓の納骨口の広さより大きかったため、急きょ骨壺から遺骨を出して直接お墓の中に撒いた。それからずっと何をしていてもおばあちゃんの遺骨を直で撒いてよかったのかと気になっている』

 

というような経験談を面白エピソードとして話していました。

 

テレビを観ていた人のお住いの地域によっては、「遺骨を骨壺から出して直接埋葬するのが普通じゃないの?」と思った方も多いと思います。

 

今回は、骨壺と納骨(埋葬)に関する地域による違いについてご紹介します。




続きを読む

檀家をやめたい!菩提寺の離檀による費用とメリット&デメリット

寺院の檀家をやめて離檀したい人のお役立ち記事

「檀家(だんか)」という単語は、昔は非常によく知られた言葉でした。

 

家は寺院に属し、その寺院を助け支援するという考え方があったのです

 

江戸時代には法律として整備されており、家は必ずどこかの寺に所属していました。

 

現在でもこの考えは、マイルドになったものの残ってはいます。

 

「檀家としてどこまで活動するか」は人や家、お寺によって変わり、宗教活動を助ける積極的な檀家もあれば、「法要のときや葬儀のときだけ、特定のお寺にお願いする」としている檀家もあります。

 

昨今ではこの「檀家」の意識も薄れてきており、檀家を辞めたいと考える人も増えています。

 

今回は、この「檀家をやめること」について、そのメリットとデメリットについて触れていきます。




続きを読む

一周忌法要の挨拶・服装・お布施・案内状・引き出物|施主の事前準備

一周忌法要を詳しく調べる

一周忌法要とは、「亡くなってから1年目に行われる法要」のことを指します。

 

ただ現在では、「一周忌はぴったり1年目にしなければならない」という考え方は、時代に合わずメジャーではありません。

 

1年目となる日の前の土日など、参列者のスケジュールが合いやすい日を選んで行われることが一般的です。

 

なお、一周忌法要の場合は、法要が終わった後に会食をとるケースが多く、その場で故人のことを語り合うこともよくあります。

 

一周忌法要とは、故人を悼む場であると同時に、大切な人を失った人たち同士で悲しみを慰め合う場所でもあるのかもしれません。

 

 

今回は、年回忌法要の中でも特に重要な一周忌法要に際して、喪主が行うべきことを順に取り上げます。




続きを読む

新盆の時期とやり方|初めてでも安心!新盆の準備と迎え方ガイド

新盆の疑問を徹底的に解決するブログ

新盆は、死者の霊が初めて家に帰ってくるお盆です。故人や先祖をお迎えするために、お盆用品をそろえたり、僧侶や親戚を招いたり、前もっての準備が必要です。

しかし、何を準備すればよいのか分からない、お盆期間中に何をすればよいのか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?新盆を迎える方には、今までお盆の経験がないという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、お盆の行事や準備物について、また、簡単に準備するためのコツなど、初めての方でも安心して新盆を迎えられるように解説していきたいと思います。

 


続きを読む

百箇日法要とは|服装は喪服?挨拶は?施主のお布施と親族の香典相場

百箇日法要の疑問を解消

百箇日法要とはどんなもの? お布施や着ていく服についても知りたい。

 

人が亡くなった場合、多くのご家族がお葬式を挙げます。またそのあとに、一連の法要を行うこともあるでしょう。

 

今回はそのなかから、「百箇日法要(ひゃっかにちほうよう。「百ヶ日法要」と記すこともある)」を取り上げます。




続きを読む