お墓参りの時期や服装などのマナーは?お供え物を持ち帰るべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
正しい墓参りの基本おさらい

「お墓参りに行くベストな時期はいつ?」

「服装やマナーで気にするべきことは何?」

 

頻繁にとはいかなくても、お彼岸やお盆など、年に数回はお墓参りに行く方が多い思います。

 

いざお墓参りに行った際に、親から教わり何となくとっている行動が、そもそも間違っていないか?と気になったことはないでしょうか?

 

今回は、お墓参りに行く時期やマナーなどの気をつけるべき点をご紹介します。



お墓参りに必要な持ちもの

お墓参りの際に必要な持ち物をご紹介します。

お線香

仏教の場合は、お墓参りには必ずお線香が必要です。

最近では香りの良いものなど様々な商品がありますので、好みのお線香を用意しましょう。

 

ロウソク

ロウソクには、灯りを照らして不浄を清め、ご先祖様に対してお参りに来た人の姿が良く見える様になどの意味合いがあると考えられています。

 

お墓によってはロウソク立てがない場合は、香炉の上に立てると良いでしょう。

 

ライターなど線香に火をつける道具

昔はマッチでお線香に火をつける事が多かったと思いますが、風の強い日はなかなか火がつかないため、火力がある程度強いライターをおすすめします。

 

まれに新聞紙などの紙に火をつける人がいますが、落ち葉に燃え移ったりなど火災になる可能性がありましので、絶対にやめましょう。

 

 

お墓

菊や仏花が望ましいが、お盆やお彼岸ではスーパーやコンビニエンスストアでも売っています。

棘があり、香りの強いお花は避けましょう。

また、落ちた花の花粉(ユリの花は特に注意)で墓石にシミが付く場合があるので、掃除の時は注意。

花立てに差す時にお花の茎が切れるように、ハサミがあればなお良いでしょう。

 

お供え物

果物やお菓子などのお供え物も必要です。

 

季節に合わせた果物や、個人が生前に好きだったお菓子、お酒(墓石のシミの原因となるので、絶対にかけないでください)などを墓前にお供えしましょう。

 

なお、後ほど詳しく解説していますが、お供え物は帰る際には必ず持ち帰りましょう

 

掃除用の道具

墓石を掃除する際に必要な『雑巾』『バケツ』『ゴミ袋』や、敷地面積が広く雑草が多い場合などは草刈り道具など、必要に応じた道具を用意しましょう。

 

お墓掃除道具セットも販売されていますので、便利に使いましょう。

手桶・ひしゃく

墓地によっては、貸し出しているところもありますが、無い場合は用意する必要があります。

 

通常のバケツでも代用できますが、名前や家紋の入った家族専用の手桶を一つ持って事をおすすめします。

 

手桶を購入する場合は、石材店に頼むよりもネット通販の方が間違いなく安く購入できます

 

数珠

仏教の場合は、数珠を持って合唱する事で、仏様と繋がり、功徳を得れると考えられています。

 

現代では、何事も簡素化してきて、お墓参りの際に数珠まで持っていく人少ないと感じますが、本来は必要なものです。

 

お墓参りの際には、できるだけ持っていき数珠を使って合唱する様にしましょう。

お墓参りに行くタイミング

いつ行っても問題はありませんが、春・秋のお彼岸や8月のお盆、故人の命日や進学・就職・結婚など人生の節目の近況報告にお墓参りをされる方が多数です。

 

お彼岸・・・春分の日(3月20日から21日頃)、秋分の日(9月23日頃)のそれぞれ前後3日間 

 

お彼岸関連記事:お彼岸とは|2018年はいつ?意味と迎え方やお墓参り手順

 

お盆・・・8月13日から16日頃の4日間前後(一部地域では7月)

 

お盆関連記事:新盆の時期と迎え方|初めてでも安心!新盆の準備ガイド

 

命日・・・故人が亡くなった日

 

近況報告・・・結婚、出産、進学、就職などの人生の節目節目。

 

 

お墓参りの服装

「葬式や回忌法要は喪服を着る必要があるけど、お墓参りはどうしたら良いの?」

と気になる方もいるかと思います。

 

結論を言いますと、『お墓参りに決められた服装はない』です。

 

しかし、ご先祖様の供養のためにお墓参りに行くわけですから、派手過ぎない事や露出が多すぎない事など、常識的な範囲の服装を心がけましょう。

 

 

お墓参りの手順

お墓参りのしかたは地域や宗派によって違いがあるかと思いますが、ここでは基本的なお墓参りの流れについて順番に説明していきます。

 

① お墓参りに行く前

お墓参りに行く際の服装ですが、法事の時のような喪服で行く必要はありませんが、華美な色やデザイン、Tシャツ短パンといった軽装ではなく、落ち着いた服を選んで行った方がより良いでしょう。ただ、それ以上に大切なのは故人の偲ぶ気持ちです。

 

② 墓地、霊園に着いたら

まずは挨拶。寺院墓地であればご本尊(本堂)をお参り、霊園であれば管理事務所に一言ご挨拶をするようにしましょう。

 

③ 墓前で一礼、合掌

目を閉じ手を合わせましょう。仏様(ご先祖様)に対する尊敬と感謝の気持ちが大切です。

 

④ お墓まわりの掃除

・ 墓石、花立、香炉などの掃除をします。墓石の掃除は、雑巾で水拭きが基本。市販の食器洗剤を使うと墓石にシミができてしまう場合があるので注意。
・ 特に夏期は雑草が生えやすいので、草刈りは忘れずにしたいものです。
・ 掃除の時に出たゴミや、後述のお供え物は忘れずに持ち帰るようにしましょう。
・ 彫刻された部分の奥の汚れは、古い歯ブラシを使うと簡単に落とせます。

 

⑤ お参りの準備

・ 花立てと水鉢に水を入れ替え、お花を飾る。
・ お供え物を中央に飾る。
・ ロウソクなどに火を付け、お線香1束に火を付ける。(2束以上香炉にお線香をお供えすると、熱で香炉が割れてしまう場合があるので注意。)
・ 手桶にきれいな水を入れておく。

 

⑥ お参り

・お参りの前に、手を洗い清めておく。
・ お参りの順番は、故人と縁の深かった人から行います。
・ 数珠を左手に持ちながら、ひしゃくで水を墓石にかける。お酒を墓石にかける方もいらっしゃいますが、墓石の劣化につながるため避けた方が無難です。

 

⑦ お参りが終わったら

・ お線香の火が消えたことを確認。
・ お供え物を下げ、ゴミの後片付け。
・ ご本尊(本堂)、管理事務所に最後のご挨拶。

 

 

お墓参りでお供え物を持ち帰るべき理由

ご先祖様にお供えした物を持ち帰るなんて何事?と思われるかも知れませんが、そこには大きな理由があります。

 

それは鳥などの動物です。

 

実はカラスや鳩と言った鳥たちが、供えられた食べ物を狙ってやって来て、食い散らかしてしまう被害が跡を絶たないのです。

 

近年ではその鳥害対策として、寺院や霊園墓地でも、お参り後のお供え物を持ち帰るように注意喚起をするところも増えてきました。

 

お線香やお花を除くお供え物は、お参り後必ず持ち帰るようにしましょう。

 

年に数回、ご先祖様へご挨拶をする機会であるお墓参り。

 

マナーを守って正しい先祖供養としたいものです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お墓探しに頼れる便利なマッチングサービス

『良いお墓を建てるための重要なはじめの一歩は優良な石材店と出会いから』

比較的閉ざされたお墓業界は、お客さんの知識不足や故人に対して出来るだけの事をしてあげたいと考える遺族の心理を利用した石材店によって、お墓を購入する際に必要以上の大きな支出となる場合も見受けられます。

 

納得のお墓が建てられるかどうかは選ぶ石材店しだいと言っても過言ではありません。

 

新規建墓・リフォーム・納骨堂・永代供養墓・合葬墓・お墓の引っ越し・墓じまい等々、お墓に関するお悩みをお持ちの方が、安心して頼れる様な石材店をご希望の条件を元に全国各地のお住まいの地域から探して、完全無料ご紹介させていただきます。


石材店無料マッチングサービスを利用する

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*