墓石は中国産だとダメなの?|気になる国産材との価格差比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
墓石の材質

今や国内で建てられるお墓の80%以上は中国産石材

外国産の石材が本格的に輸入されるようになったのは約50年前からで、主な輸入国は『韓国』『インド』『中国』『南アフリカ』『アメリカ』『ポルトガル』で、当時は原石の状態での輸入が主でした。

しかし、約30年前に中国福建省で日本向けの墓石加工工場が誕生すると、その圧倒的なコストパフォーマンスから日本向けの墓石製品の輸出量が増加して、現在では墓石・外柵(花崗岩)の製品輸入金額は中国が断トツの約9割を占めています。(中国で加工して逆輸入した国産石材も含む)

この輸入金額から推測すると、現在日本で建てられているお墓の80%以上は中国産だと思われます。




中国産石材の品質は?

食品偽装や著作権侵害など何かとダークなイメージが付きまとう中国ですが、石材の品質でいうと正直ピンキリです。

日本の国土の約25倍の広さの中国大陸ですので、硬くて丈夫な優れた石もあれば墓石に向かない石もあります。

現在墓石に使われている中国産石材は実績があるものが多く、水の吸水性や圧縮強度などの石材品質の指標となる数字も国産材と大差はないので、品質に関してさほど心配しなくても良いと感じます。

しかし、香川県の庵治石をはじめ国産を代表する銘石は、品質はもちろん重厚感や時を重ねるにつれてにじみ出る独特の風合いなど、主観ではありますが言葉では表現しきれない良さがあります。

国産石材と中国産石材の価格差

墓石の値段の構成する主な要因はさまざまあり、地域や石材店によって違うため一概にいえないのですが、中国産の安価な墓石と国産の最高級墓石とでは20~30倍の価格差がある場合が多いです。

国産石材の中にも原石を中国の工場に輸出して加工して製品化して逆輸入した比較的安価なものもあります。

石材の産地以上に重要な事は石材店えらび。

中国産石材に自社で和風の適当な名前を付けてごまかして販売する石材店もあれば、産地も材質の長所短所も十分に説明してお客様に真摯に対応する石材店もあります。

後者のような石材店であれば粗悪な製品はあつかわない可能性が高く、仮に間違って状態の良くない製品が納品されてしまった場合もそれ相応の対応をしてくれると考えられます。

石材店探しは事前に下調べをして、一社だけで不安であれば数社から話を聞いてみて十分に吟味してから決めることを強くおすすめします。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【全国対応】お墓探しのミカタがご希望条件を元に最適な石屋さんを完全無料でリサーチいたします。

  • 生前墓を建てたい。
  • 不幸があり新たにお墓を建てて納骨したい。
  • お墓が遠くお参りが大変なので改葬(引越し)をしたい。
  • 墓じまいをして仏様を永代供養したい。

 

お墓に関するお悩みがあり当サイトをご覧いただいている場合も多いかと存じます。満足のいくお墓つくりには良き石材店との出会いが欠かせませんが、多くの会社があり何を基準に選んで良いかわからないものです。ご希望条件から最適な石材店をお墓の専門家が近隣エリアからリサーチして完全無料でご紹介いたします。


石材店無料マッチングサービスを利用する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*