四十九日法要で親戚はどこまで呼ぶの?準備費用と当日の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
49日法事の疑問

四十九日法要は、初七日法要を終えた後、四十九日のタイミングで行う法要です。なおこれはあくまで仏教だけのしきたりであり、神式の場合は五十日、キリスト教では二十日もしくは三十日を目安として行うことになります。

 

また、現在では、「本当に七日経ってから初七日法要を行う」というようなケースはそれほど多くはありません。地元を離れて暮らしている人が多くなったこと、核家族が増えたからです。

「お葬式の後1週間後にまた集まって法要を行うことは、非常に大変だ。特に、休みをとる必要がある人にとってはかなり難しい」ということで、現在では、告別式~火葬の後に会食をし、初七日法要まで済ませてしまうかたちが非常に多くなりました。

 

そのため、四十九日法要は、実質上の「葬儀(初七日法要まで)が終わった後の最初の法要」として扱われることも多いと思われます。また、お骨を納める時期は人それぞれ、家族それぞれで異なりますが、この四十九日法要を機として、お墓を納めるという家庭もたくさんあります。

 

今回は節目としても重要で、葬儀後に最初に行う法事である四十九に関して詳しくみていきましょう。




四十九日法要、誰をどこまで呼ぶか?

まず問題になるのは、「四十九日法要でどこまで人を呼ぶか」ということです。

 

これについては、迷ったのならば、親族すべてに声を掛けるのが無難でしょう。もちろん、故人の遺志で、「四十九日法要は(一緒に住んでいた)同居家族だけでやってほしい」などの明確な希望があればその限りではありませんが、そうではない場合は、全員に声を掛けた方が後々もめるリスクを低くすることができます。

 

「声を掛けられなかったこと」で気分を害す人もいるからです。ただ、ご高齢の方などの場合は、無理な出席はお気遣いなく、というように伝えておく方がいいかもしれません。

 

 

四十九日法要までの流れ

まずは最初に、日程と呼ぶ人、場所を決めます。ちなみに、「四十九日法要」といっても、実際には四十九日ぴったりに行うことは難しいと思われます。なぜなら、四十九日が平日になってしまうこともあるからです。特に、遠方からお招きする人がいる場合などは、平日に行うことは極めて難しくなるでしょう。四十九日法要のために2~3日も仕事を休んでもらわなければならなくなります。

このため、現在は、「四十九日法要」とは言っても、その前のあたりの週末にやるというかたちが一般的になりつつあります。ただし、四十九日法要の場合、前倒しは許されても後ろ倒しは好ましくありません。この点には注意しましょう。

日付を決める場合は、檀家とのスケジュール調整が必須です。

 

場所については、会食をするかどうかを考えて決めます。基本的には、行うものと考えておいた方がよいでしょう。遠方から来る人が多い場合は、送迎をしてもらえるところかどうかもキーになります。

ちなみに現在では、「食事も法要も、すべて同じところで行える」というホールも出ています。

葬儀会社のなかにも、「四十九日法要に対応している。料理屋も呼べる」というところがあります。面倒ならこのようなやり方を利用するのもよいでしょう。

車いすの人が参加者にいるのであれば、当然それも配慮した店選びをします。

 

人の選び方は上に述べた通りです。四十九日法要をもって納骨をすませるつもりであるのなら、その旨も告知しておきましょう。

 

大きなところが決まったら、料理の内容やお供えの手配を行います。参列をしてもらいたい人には、招待状も出しましょう。

 

 

四十九日法要にかかる費用とは?

では、四十九日法要にかかる費用とはいくらくらいなのでしょうか。

 

まず、「お布施」。これは法要の際に大きな割合を占めるものです。3万円程度から20万円程度までさまざまです。このあたりは、お世話になった葬儀会社に聞いた方がよいでしょう。

お車代としては10000円までの間でお渡しします。会食に参加されない場合は、プラス5000円程度をお渡しします。

 

また、会食のための費用も必要です。これは1人あたり5000円が目安となります。これにさらに引き出物(一概には言えませんが3000円くらいが相場でしょう)を付けてお渡しすることになります。引き出物ですが、現在はカタログギフトなどもかなり重宝されています。

 

意外に見落としがちなのが、「会場の利用費用」です。これは50000円前後と考えておきましょう。

 

一般的に、招待する人が少なければ少ないほど、お金はかかりにくくなります。食事の費用だけでなく、会場の費用も浮かせられるからです。会場は広ければ広いほどお金がかかる傾向にあるからです。

 

ただ、呼ぶ人が少なければ、その分不祝儀も少なくなります。もちろん不祝儀をあてこんだプランを作ってはいけませんが、「予算のために規模を小さくしたい」と考えている人は、この点には注意しなければなりません。

 

 

四十九日法要は、法要のなかでも特別なものです。悲しみを今だ色濃く宿した人たちが集まるものだからです。だからこそ、失敗のないように心がけて、家族を心静かにお見送りしたいものですね。

 

※葬儀の費用に関しては「葬儀の費用」相場はいくら?安くあげるコツ、高くなる要素を参考にしてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*