お彼岸とは|今年はいつからいつまで?意味と迎え方やお墓参り手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
2018年の彼岸スケジュール

毎年訪れるお彼岸。

お彼岸にはお墓参りに行くという習慣がありますが、どういう意味があるのでしょうか?春と秋に2回あるのはなぜでしょうか?

今回はお彼岸の意味や迎え方について、ご紹介します。





 

お彼岸とは

お彼岸とは、春分・秋分の日を中日とした7日間のことをいいます。

お彼岸には、お寺やお墓にお参りして先祖に感謝する習慣があります。

さて、今年はいつがお彼岸にあたるのでしょうか?その意味や由来はどういったものでしょうか?

 

 

2018年のお彼岸はいつ

春のお彼岸は、春分の日を中日として、前後3日を合わせた7日間、秋のお彼岸は、秋分の日を中日として、前後3日を合わせた7日間です。

お彼岸の初日を「彼岸入り」、春分・秋分の日を「中日(ちゅうにち)」、最終日を「彼岸明け」といいます。

春分・秋分の日は毎年決まった日ではなく、国立天文台の出した日に基づき前後しますので、お彼岸の期間もわずかながら変動します。

ちなみに、2018年(平成30年)の春・秋のお彼岸は以下の通りです。

 

《2018年春のお彼岸》
彼岸入り:3月18日(日)
中日  :3月21日(水)
彼岸明け:3月24日(土)

 

《2018年秋のお彼岸》
彼岸入り:9月20日(木)
中日  :9月23日(日)
彼岸明け:9月26日(水)

 

 

春分・秋分の日はどんな日?

春の季節の桜

春分・秋分とは、二十四節気の一つで、昼と夜の長さが等しく、太陽が真東から出て真西に沈む日です。

いずれも祝日で、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、法律で定められています。

 

 

お彼岸の意味・由来

お彼岸御霊の迎え方

彼岸とは、煩悩にまみれたこの世を此岸とした「向こう岸」、すなわち「悟りの世界、涅槃の境地」を意味します。

悟りの世界とは、煩悩や迷いから解き放たれた精神状態を意味しますが、同時に、仏の住む浄土の世界も意味します。

特に、阿弥陀仏が住む極楽浄土は西方にあるといわれており、太陽が真西に沈む春分・秋分の頃に西方浄土の世界が最も近くなると、極楽往生が願われたのです。

そもそも、春分の頃は種を蒔く時期、秋分の頃は収穫の時期で、古来より、五穀豊穣を祈り感謝する習慣が根付いていました。そこに極楽往生を願う浄土信仰が加わり、日本独自の〝お彼岸〟文化が生まれたといわれています。

ちなみに、神道では、春分・秋分の日が「皇霊祭」という歴代天皇や皇族をお祀りする日にあたり、現在でも皇室や各神社などで儀式が行われています。

 

 

お彼岸の歴史

彼岸花

お彼岸の歴史は1200年以上も前にさかのぼります。平安京が始まって間もない、大同元年(806年)に、平城天皇が、春と秋の七日間、崇道天皇(早良親王)のため諸国の国分寺の僧侶に経を読ませたというのが、現存の最も古い記録です。

早良親王といえば、暗殺事件の関与を疑われ流罪となり、無実を訴えて憤死した悲劇の皇太子ですが、その死後、疫病が流行し、皇族らが相次いで亡くなったことから、祟りとして恐れられました。その親王の魂を鎮めるために、春秋七日間の法要が行われたと記録されています。

 

 

お彼岸の迎え方

お彼岸御霊の迎え方

お彼岸の7日間のうち、いつに何をするか明確に決まっているわけではありません。

「入り花を折らぬ」といって、彼岸入りになってお花をお供えしているようでは遅く、先に仏壇やお墓を清めてからお彼岸を迎えるのがよい、という教えもあります。

お彼岸前またはお彼岸中には、お仏壇や仏具を掃除し、お墓や納骨堂などにお参りに出かけましょう。

ここでは、お仏壇のお手入れの仕方や、お墓参りの手順、お彼岸ならではのお供え物についてご紹介します。

 

 

お仏壇のお手入れ

仏壇の大掃除

お彼岸には、ご先祖様を思い、お仏壇や仏具をきれいにしましょう。
ご本尊やご先祖に手を合わせてから、お仏壇の中の仏具や位牌をいったん外し、ホコリなどを取り除いていきます。

仏具を外す前に写真を取っておくと、後で戻す時に助かります。
お仏壇のホコリ取りには、仏壇掃除用の筆がおすすめです。仏壇は繊細な工芸品ですので、水拭きしたり、強くこすったりしないように気をつけましょう。特に、金仏壇は金箔がはがれる恐れがありますので、注意が必要です。

仏壇内部を拭きたい場合には、仏壇用のクリームを古布などにとってふくとよいでしょう。
長年の汚れがたまっていて、自身で掃除するのが難しい場合には、これを機会に仏壇クリーニングの専門業者さんに依頼してもよいでしょう。

仏具を元にもどしたら、新しいお花、果物やお菓子などの供物をお供えし、お線香をあげて手を合わせましょう。

 

 

お墓参りの手順

彼岸のお参り

お彼岸中には、お墓参りに行き、お墓のお掃除もしておきましょう。
お墓に到着したら、お墓に手を合わせ、前のお参りにあげたままの枯れたお花や、生えてきた雑草、落ち葉などを取り除きましょう。

次に、墓地の水場から水をくんで墓石の掃除をします。大体、水場でバケツや柄杓を借りられることが多いですが、ない場合は、ペットボトルなどを利用するとよいでしょう。

準備した水を墓石にかけ、スポンジなどで汚れを落とします。頑固な汚れや細かい部分は、歯ブラシなどを用いると落としやすいです。最後に、墓石を乾拭きして汚れがつきにくいように仕上げをします。

お掃除が終わると、新しいお花を供え、お線香をあげます。お供え物は、カラスや猫が寄ってきたり、散らかされたりする原因となりますので、お参りを終えれば、持ち帰るのがマナーです。

お墓参りは、祝日にあたる中日が最も混雑しますので、時間のある方は、彼岸入リ前後にお参りに行くとよいでしょう。

 

【合わせて読みたい】お墓参りの時期や服装などのマナーは?お供え物を持ち帰るべき理由

 

 

お彼岸のお供え物~ぼたもちとおはぎ~

お彼岸のお供物

お彼岸のお供え物といえば、もち米に餡子をまぶしたあのお菓子ですが、「ぼたもち」といったり「おはぎ」といったり、本当はどちらが正しいのでしょうか?

実は、どちらも正しく、季節のお花にちなんで呼び名が変えられているのです。

春のお彼岸には「牡丹」にかけて「ぼたもち」、秋のお彼岸には「萩」にかけて「おはぎ」とよばれます。ちなみに、ぼたもちにはこし餡を、おはぎには粒餡を使用しますが、それも季節の違いによるものです。

おはぎを頂く頃は、小豆の収穫の時期なので、まだ皮が柔らかく粒餡としておいしく頂けるのですが、ぼたもちを頂く頃には、皮が固くなっているので、皮を取り除いてこし餡にするのです。季節ごとの違いに、日本人ならではの繊細な美意識がうかがえます。

そもそも、おもちは、古来より五穀豊穣を願って神様に捧げられてきたもので、神道でも仏教でも特別なお供え物です。

また、小豆は、その赤い色から厄除けの力があるとされ、お祝い事や折々の行事に用いられてきました。つまり、おもちと小豆を用いたぼたもち、おはぎは、特別なお供え物といえるのです。

春のお彼岸には、ぼたもちを、秋のお彼岸には、おはぎを、ご先祖様にお供えし、後でお下がりとして頂きましょう。

 

 

お彼岸まとめ

お彼岸は、古来より受け継がれてきた、先祖や自然に感謝し思いを馳せる日本独自の習慣です。

お仏壇やお墓、納骨堂などのある方は、これをご縁にお掃除し、お参りしましょう。
近親者に亡くなった人がいなかったとしても、自身が今ここに生きているということは、命をつないできた先祖がいるということです。ちょうど、春分・秋分の日は祝日となります。

しばらく帰っていない実家を訪ねたり、季節の移り変わりを感じたり、自分が生かされていることを感謝する期間にするとよいでしょう。




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*