葬儀カテゴリー

葬儀の喪主側の方も参列者側の方も、葬式の際のマナー等わからない事が多々あると思います。
葬儀に関するお役立ち記事を掲載しています。
【記事一覧】

香典返しの表書き

香典返しの品物の選び方と金額相場|葬儀後贈る時期はいつ?

「香典返し」とは、いただいた不祝儀に対してお返しする品物のことをいいます。   なお、厳密にいえば「 […]

コメントなし
お通夜服装と髪型のマナー

お通夜に喪服は失礼って本当?葬式の男女別服装と髪型のマナー

「お通夜に着て行く服装」は、葬儀について考えるときによく取り上げられる議題だといえます。   これに […]

コメントなし
香典の金額相場とマナーに関して

葬式と法事の親族・友人・知人の香典金額相場&袋の書き方と渡し方

葬式や法事のときには、特段の事情(喪家から断られたなど)がないかぎり、香典(不祝儀)を持参します。 &nbsp […]

コメントなし
訃報の伝え方とお悔やみの言葉の返し方

訃報の伝え方とお悔やみの言葉の返し方|メールはアリ?送返信の文例

身内が亡くなった……という訃報は、言う方も言われる方もとても緊張するものです。 今回は、「訃報を告げる人の立場 […]

コメントなし
外国人労働者が死亡した場合の雇用者や周りの人はどうするべきか

外国人労働者(留学生)が日本で死亡したら火葬や葬儀はどうする?

外国人留学生の受け入れ人数は、多少の増減はあるものの、右肩上がりに増加していっています。   また、 […]

コメントなし
葬儀でお坊さんが2人以上の複数きた時の対処法

葬儀で僧侶が2人来た|お坊さんが複数いた時のお布施相場と渡し方

仏教の葬儀では、お坊さんを「僧侶」を呼ぶことになります。   ただ、なかには僧侶が複数人来る場合もあ […]

コメントなし
火葬にかかる所要時間と火葬中の過ごし方

火葬時間の目安はどのくらい?収骨までの手順と火葬中の過ごし方

日本では特殊な例を除き、「火葬」という手順を経てから埋葬することになります。   そのため、この過程 […]

コメントなし
焼香の方法と回数

焼香の回数とやり方は?喪主と参列者で仕方に違いはあるの?

仏教の葬儀では、「焼香」を行う必要があります。   日常的に行うことのない焼香は、いざと言うときに「 […]

コメントなし
香典後日

香典を後日職場で渡す時の袋の表書きや挨拶と渡し方のマナー

職場で関わりのある人、またそのご家族が亡くなった時、職場からというかたちで不祝儀(香典)を出すことがあります。 […]

コメントなし
喪服のレンタルサービスを比較

喪服はレンタルできる?レディース&メンズ身だしなみとマナー

葬儀にまとうべき服装である「喪服」は、現在は大型ショッピングセンターなどに行けば即日手に入れることができます。 […]

コメントなし

香典返しの品物の選び方と金額相場|葬儀後贈る時期はいつ?

香典返しの表書き

「香典返し」とは、いただいた不祝儀に対してお返しする品物のことをいいます。

 

なお、厳密にいえば「香典」は仏教用語ではありますが現在はほかの宗教でも広く使われている言い回しであるため、ここでも宗教に関係なく「香典返し」という言い方を用います。

 

香典返しの品物の選び方と金額の相場、そして葬儀後に贈る場合の時期について取り上げます。



続きを読む

外国人労働者(留学生)が日本で死亡したら火葬や葬儀はどうする?

外国人労働者が死亡した場合の雇用者や周りの人はどうするべきか

外国人留学生の受け入れ人数は、多少の増減はあるものの、右肩上がりに増加していっています。

 

また、日本に働きに来ている外国人労働者もいます。

 

さまざまな理由で日本に渡ってきた彼らが、不幸にも異国の地である日本で亡くなった場合はどうすればよいのでしょうか?

 

順を追って解説していきます。




続きを読む

葬儀で僧侶が2人来た|お坊さんが複数いた時のお布施相場と渡し方

葬儀でお坊さんが2人以上の複数きた時の対処法

仏教の葬儀では、お坊さんを「僧侶」を呼ぶことになります。

 

ただ、なかには僧侶が複数人来る場合もあります。

 

このときは、お布施などはどうすればよいのでしょうか?

 

「僧侶が多く来るケースとはどんなものか」「複数来た場合はどのようにしてお布施を渡せばいいのか」などについて解説していきます。




続きを読む

火葬時間の目安はどのくらい?収骨までの手順と火葬中の過ごし方

火葬にかかる所要時間と火葬中の過ごし方

日本では特殊な例を除き、「火葬」という手順を経てから埋葬することになります。

 

そのため、この過程は上記で挙げた「特殊な例(航海中に亡くなり、港が遠いなど)」以外の場合は火葬が行われるのが必須と考えておくべきでしょう。

 

ただ、この「火葬」は、「通夜・葬式」以上に慣れないものです。

 

関連記事:焼香の回数とやり方は?喪主と参列者で仕方に違いはあるの?

 

通夜・葬式は一般弔問客の立場で出ることもありますが、火葬は家族や親族、あるいは極めて親しい友人の立場のときにしか臨席することがないものだからです。

 

多くの人にとってなじみの薄い「火葬」の流れや手順について見ていきます。




続きを読む

喪服はレンタルできる?レディース&メンズ身だしなみとマナー

喪服のレンタルサービスを比較

葬儀にまとうべき服装である「喪服」は、現在は大型ショッピングセンターなどに行けば即日手に入れることができます。

ただ、非常に忙しい人などの場合、訃報を受けてもお店が開いている時間に足を運ぶのが難しいこともあります。

このような場合に頼りになるのが、「喪服のレンタル」です。

礼服喪服スーツレンタル楽天市場店
続きを読む