お布施の金額相場の目安表|葬儀・法事・納骨・彼岸・お盆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お布施の相場一覧表

寺院の数がコンビニの数よりも多い日本。

昔は戸籍を管理する役所の様な役割を担ったり、教育の場であったりと、寺は人々の生活と密接に関係していましたが、現代では檀家であっても家族の不幸やその後の回忌法要でしか接点が無い場合が多いのではないでしょうか。

その数少ない寺との接点である『葬儀』『法事法要』『納骨』『お彼岸』『お盆』の場面では、僧侶に読経をあげて頂き、その謝礼として現金を渡します。

お布施とは、この謝礼の事を意味します


お布施の金額相場一覧表

このお布施の金額をいくら包むかが、寺院に読経を依頼する場面で、多くの人を悩ませているのではないでしょうか。「お隣さんが最近葬儀した際に○○くらい払ったみたいだから、同じくらいの金額で・・」など家族、親戚、地域との関りが深かった昔は物差しとなるものがありましたが、現代では聞ける人が身近になかなかいません。

意を決してお坊さんに直接聞くと「お気持ちで・・」という恐怖すら感じる曖昧な返事。どうして良いかわからずにインターネットで検索して、当ページにいらっしゃった方が多いのではないでしょうか。

このくらいの額であれば恥ずかしくないという全国的な平均額を各場面ごとに一覧表にして解説していますので、以下ご参考にしてください。

 

読経の場面 お布施の金額相場 お車代 御膳料
葬儀 20~50万円 5千円~1万円 5千円~1万円
四十九日 3~5万円 5千円~1万円 5千円~1万円
一周忌 3~5万円 5千円~1万円 5千円~1万円
三回忌以降 3~5万円  5千円~1万円 5千円~1万円
納骨法要 3~5万円  5千円~1万円 5千円~1万円
新盆法要 3~5万円  5千円~1万円 5千円~1万円
盆の棚経 5千~1万円  5千円~1万円 5千円~1万円
彼岸の合同供養 3千~1万円  5千円~1万円 5千円~1万円
※お車代は寺院以外の場所にお坊さん来ていただく場合

※御膳料は会席にお坊さんが参加されない場合

 

 

葬儀(通夜・葬儀・告別式)のお布施

お葬式のお布施相場に関して

不幸があって、寺院に葬儀を依頼した場合のお布施の平均額は20~50万円程度です。これは、通夜と告別式での読経と基本的な戒名料も含めたお布施の総額です。

開きがある理由は、地域によって差があるからです。

地方の寺院の葬儀のお布施平均額・・15~30万円

都会の寺院の葬儀のお布施平均額・・30~50万円

 

これはあくまでも基本的な戒名をつけてもらった場合で、院号などを含む戒名をつけてもらう場合は違います。また、会社の社葬や、古くからの檀家で代々続く名家などは高額なお布施を包む場合もあります。

 

【合わせて読みたい】「葬儀の費用」相場はいくら?安くあげるコツ、高くなる要素

 

 

49日・一周忌など回忌法要のお布施

法事法要のお布施目安

49日法要を含め、一周忌などの回忌法要の際に寺院に読経を依頼する場合は、3~5万円程度がお布施が基本相場です。

その他にも、斎場や境内以外の墓地などにお坊さんに来ていただく場合は『お車代』として5千円~1万円。会食にお坊さんが同席されない場合は『御膳料』として5千円~1万円を包む場合が多いです。

 

合わせて読みたい】四十九日法要で親戚はどこまで呼ぶの?準備費用と当日の流れ

 

 

納骨法要・お墓の開眼・閉眼法要のお布施

墓石の魂入れ抜き納骨の際のお布施

お墓への納骨の際にお坊さんに墓前に来ていただき、納骨法要をお願いした場合のお布施の相場は3~5万円程度です。

また、お墓を新規で建てた場合は合わせて開眼供養の読経をしていただく場合が多く、開眼法要と納骨法要を同時にお願いした場合のお布施の相場は5万円程度が相場と言えます。また、開眼法要のみ別で行う場合は納骨法要と同額程度の場合が多いです。

その他にも回忌法要と同様に、斎場や境内以外の墓地などにお坊さんに来ていただく場合は『お車代』として5千円~1万円。会食にお坊さんが同席されない場合は『御膳料』として5千円~1万円を包む場合が多いです。

 

【合わせて読みたい】納骨の時期はいつ?お布施など必要費用とお供え物などの手配手順

 

 

お彼岸のお布施(付け届け)

お彼岸の付け届けはいくら包むか

お彼岸の際に、寺院では檀家さんを集めて合同法要を行う事が多いです。その際に持っていくお布施(付け届け)は3千円~1万円程度が相場です。

合同法要ではなく、彼岸期間に個別の法要を依頼する場合は通常の回忌法要と同等のお布施で問題ないです。ただ、お彼岸は寺院にとって大変忙しい時期ですので、かなり早い段階での予約が必要と思われます。

 

【合わせて読みたい】お彼岸とは|2018年はいつ?意味と迎え方やお墓参り手順

 

 

お盆の棚経・新盆のお布施

お盆の棚経や新盆でお坊さんに支払うお布施目安

お盆の時期に寺院が檀家の家々をまわって、仏壇で読経をあげていく事を棚経と言います。棚経のお布施は5千円~1万円が相場です。

また、仏様が出てから最初に迎えるお盆を新盆(にいぼん)と言い、新盆では通常、お盆の期間中にお坊さんを自宅にお招きして、仏壇前で読経をしていただきます。

新盆の際のお布施の相場は3~5万円で、他の法要と同様にお車代として5千円~1万円、法要後の会食に参加されない様であれば、御膳料として5千円~1万円をお渡しするのがマナーと言えます。

 

 

お布施の渡し方とタイミング

お布施をいつ渡して良いかわからない

お坊さんにお布施を渡すタイミングは、葬儀(法要)の前でも後でもどちらでも問題ありません。しかし、葬儀にしても法事にしても施主は忙しく、なれない状況にあたふたしていて、うっかりお布施を最後まで渡し忘れて、お坊さんがやむを得ずに催促されたとなると、双方が嫌な気持ちになってします可能性があります。

そうならないためにも、お布施を渡すタイミングは最初に顔を合わせて挨拶をする際がベストです。

お布施袋へお金の入れ方と渡す向き

お布施の表書き

お布施の表書きは、黒墨で『お布施』または『御布施』と書くのか一般的で、水引きは基本的に必要ありません。

 

お札の入れ方

お札の入れ方は福沢諭吉の肖像画のある表を上にして、壱万円と書いてある方が奥側、福沢諭吉の肖像画の方が手前側にして入れます。

 

御布施の渡し方

渡し方は小さなお盆にのせて渡すか、袱紗(ふくさ)から取り出して渡すのがマナーと言われています。

 

 

まとめ

お布施の相場早見一覧表

今回とりあげたお布施の相場は、あくまでも平均的なものであって、地域や檀家となっている菩提寺の考え方や、その菩提寺との関係性によっても大きく違ってきます。

支払うお布施が、多すぎても少なすぎても困るからコレという金額をどうしても教えて欲しいとお考えの方は、勇気を出して直接聞いてみましょう。

「お気持ちですから」と具体的に言う事を避ける僧侶も多いので、その様な時こそ当記事のお布施相場を参考にしていただけたら幸いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*