「お盆」はいつからいつまで?お盆飾りやお墓参りの方法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お盆について解説ブログ

「お盆休み」と一言で言っても、いつからいつまでがお盆なのか、うろ覚えだという人は多いでしょう。お盆の期間は決まっています。お盆中は、お墓参りやお盆飾りなどを行い、命を与えてくれた先祖に感謝を伝えましょう。お盆の期間や意味、お盆飾りやお墓参りの方法について解説します。

 

 

お盆は8月13日から16日までの4日間で、地域によっては7月

8月のお盆期間はいつからいつまでか

お盆の期間は、一般的には8月13日から8月16日までの4日間を指します。お盆の期間は毎年ほぼ変わりませんが、「お盆休み」の期間は、勤務先等によってそれぞれです。カレンダー上の都合から、しきたり上のお盆よりも長く休みをとれる人もいるでしょう。

 

ただ、お盆の期間が違う地域もあります。東京の一部では、お盆の期間は7月13日から16日の4日間です。日本中のスタンダードから東京だけ外れているという例は珍しいので、意外に思われる方もいるかもしれません。これは、明治政府が改暦を行った際に、東京だけが新暦に対応したお盆へ順応できたためです。明治以前の旧暦は、現在私たちが使っているカレンダーと比べて、約1か月のブランクがあります。日本中のスタンダードとなっている8月のお盆は、実は旧暦のお盆であり、7月に行う東京のお盆が、新暦に対応したお盆なのです。

 

 

お盆の意味

お盆の意味とは

お盆には、先祖の霊がこの世に降りてくるといわれています。お盆と似た行事に、春と秋の「お彼岸」がありますが、お彼岸は「あの世(彼岸)」と「この世(此岸)」の距離が近くなる期間とされています。よってお彼岸は先祖の霊をより身近に感じられる期間として、お墓参りが行われます。そしてお盆は、先祖の霊がこの世へ降りてきてくれる、年に一度の機会です。よって、お盆には先祖の霊を自宅へお連れし、もてなし、命のつながりに感謝をします。

 

 

お盆の流れ

お盆の流れとお墓

お盆の基本的な流れは、以下の通りです。ただ、地域や宗派、あるいはその家によって紡がれてきた風習は、それぞれ違います。地域の風習にのっとった行動をしましょう。

 

8月13日:迎え盆

初日の13日は、先祖を自宅へ招きます。夕方近くに、玄関の近くで迎え火を焚きます。先祖が迷わず家に来られるよう、火をもって案内するのです。迎え火は、正式には平皿などにオガラ(麻の茎)を乗せ、ライターやマッチで火をつけて玄関先に置きますが、火の扱いが不安であれば懐中電灯などを照らしてもいいでしょう。

また、提灯をともしてお墓参りへ行きます。提灯も、先祖の目の役割をします。提灯がない場合は懐中電灯でも構いません。

 

8月14日、15日:家で先祖の霊を祀る

14日、15日は、お盆飾りによって先祖の霊をもてなします。盆踊りによって、先祖の霊を慰める地域もあるでしょう。先祖の霊を呼んだ家には、親戚らを集めて、先祖に一族の元気な顔を見せます。親族が遠方であるときや、仕事が忙しくお盆休みが取れない場合は、お盆期間中のいつでもお墓参りを行って、先祖に挨拶をするのが全国的なしきたりとなっています。

 

8月16日:送り盆

夕方、先祖の霊をあの世へ送ります。迎え火を焚いたときと同様に、送り火を焚きます。先祖をお墓までお送りする目的で、もう一度お墓参りを行う地域もみられます。送り火も、お墓参りも、日が暮れないうちに行うのが安全ですが、なるべく遅めの時間帯を選ぶことで「名残惜しさ」を先祖に伝えることになるとされています。

 

 

お盆飾りの方法

お盆飾りの種類と流れ

お盆飾りの方法は、地域によって違います。ここでは、一般的なお盆飾りの方法についてご紹介します。

 

盆棚

お盆飾りをするための棚を、仏壇とは分けて、あるいは仏壇の手前にしつらえます。小机などでつくる棚の数は1段から3段で、菰(こも。小さめのゴザのようなもの)を敷き、一番上の段の中心に先祖の位牌を置きます。

 

盆提灯

盆棚の両脇に、盆提灯を置きます。

 

お供え

盆棚に、故人が好きだった食べ物のほか、素麺、花瓶に活けた花、果物、野菜といったお供え物を置きます。お盆のお供え物として特徴的なのが、ナスにオガラや割りばしを刺して牛に模したものと、キュウリを同様に馬に見立てたものです。それぞれ、「ご先祖様があの世から帰ってくるときは、キュウリの早馬で」「あの世へ帰られるときは、ナスの牛に乗ってのんびりと」という願いを込めたものです。

 

 

お墓参りの方法

お盆のお墓参りの方法

お盆のお墓参りの方法は、提灯をともすほかは、ふだんのお墓参りと同じです。

 

お墓の周りを掃除する

お墓参りをする前に、まわりの草を除去し、お墓自体をスポンジなどで磨いてきれいにします。花立や線香立てといった小物も、古歯ブラシなどを使って丁寧に洗いましょう。

 

お墓にお供え物をする

盆棚にお供えしたものと同じような供物、水、お花を供えます。

 

線香を立てる

線香に火をつけ、線香立てに入れてから合掌し、祈りを捧げます。

 

お供え物を撤収する

御供え物は、そのまま放置すると猫やカラスの害に遭ってしまうため、お参りの最後に持ち帰るのがマナーです。

 

 

お盆は先祖への感謝を伝える機会

お盆はご先祖様へ感謝の気持ちを改めて伝える機会

以上のように、お盆は先祖をもてなす1年に1度の機会です。親族みんなが集まって、お墓参りや盆棚飾りなどで手厚く祀れれば何よりですが、そうできない人もいるでしょう。お盆休みが取れない人や、お盆の帰省ができない人も、その場で先祖に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。お墓や位牌が目の前になくても、祈りを捧げれば、思いはきっと先祖に届きます。

 

お盆関連記事
新盆の時期とやり方
お布施の金額相場
田舎にある実家の墓じまい
お墓参りに必要な持ち物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お墓探しに頼れる便利なマッチングサービス

『良いお墓を建てるための重要なはじめの一歩は優良な石材店と出会いから』

比較的閉ざされたお墓業界は、お客さんの知識不足や故人に対して出来るだけの事をしてあげたいと考える遺族の心理を利用した石材店によって、お墓を購入する際に必要以上の大きな支出となる場合も見受けられます。

 

納得のお墓が建てられるかどうかは選ぶ石材店しだいと言っても過言ではありません。

 

新規建墓・リフォーム・納骨堂・永代供養墓・合葬墓・お墓の引っ越し・墓じまい等々、お墓に関するお悩みをお持ちの方が、安心して頼れる様な石材店をご希望の条件を元に全国各地のお住まいの地域から探して、完全無料ご紹介させていただきます。


石材店無料マッチングサービスを利用する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*