お墓を建てる前に知るべき仏教の事|宗派による違いは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

japan仏教宗派

これからお墓を建てようとする方は、仏教のお墓を事前にある程度知っておいて損はないと思います。

今回は、仏教のお墓と七つ宗派の特徴に関してそれぞれ簡単にご説明したいと思います。

現在のようにお墓に墓石を使うようになったのは平安時代からと言われていて、当時のお墓は五輪塔といわれるものが一般的でした。

五輪塔は下から方形=地輪(ちりん)、円形=水輪(すいりん)、三角形(または笠形、屋根形)=火輪(かりん)、半月形=風輪(ふうりん)、宝珠形または団形=空輪(くうりん)によって構成され、古代インドにおいて宇宙の構成要素・元素と考えられた五大を象徴していて、『人が亡くなると肉体は五大に還元し、死者を成仏させ、極楽浄土へ往生させる』という仏教の教えをもとに作られたと考えられています。

現在のお墓は『竿石』『上台』『下台』の三段で出来た三段墓が一般的です。

和型石塔



天台宗のお墓

【開祖】

最澄(さいちょう)

平安時代初期に最澄によって日本へもたされ、比叡山で開かれた宗派

 

【総本山】

比叡山延暦寺(滋賀県大津市)

 

【お題目】

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

 

【主な経典】

般若心経、大日経、金剛頂経

 

【戒名】

〇〇院☆☆◇◇居士(信士)⇒男性

〇〇院☆☆◇◇大姉(信女)⇒女性

 

【石塔に入れる梵字】

天台宗梵字

石塔に梵字を入れる場合は『キリーク』『ア』の2通り有り、『~家之墓』以外にも『南無阿弥陀仏』と入れる場合もある。

 

【梵字とは】

梵字(種子)は仏、菩薩、明王、天などの諸尊を一文で表した特別な文字で、お墓の石塔上部に入れるのは、ご本尊様をお迎えするためと言われています。

 

真言宗のお墓

【開祖】

空海(くうかい)

遣唐使船で中国に渡り学んだ中国密教を基盤として、高野山に金剛峯寺を創設。

 

【総本山】

高野山金剛峯寺(和歌山県)

 

【お題目】

南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

 

【主な経典】

般若心経、大日経、金剛頂経

 

【戒名】

〇〇院☆☆◇◇居士(信士)⇒男性

〇〇院☆☆◇◇大姉(信女)⇒女性

 

【石塔に入れる梵字】

悉曇文字ア

石塔に梵字を入れる場合は『ア』で、『~家之墓』以外にも『南無大師遍照金剛』ときざむ場合もある。

 

浄土宗のお墓

【開祖】

法然(ほうねん)

南無阿弥陀仏を唱えれば極楽往生できるという教えに触れ、浄土宗を開宗。

 

【総本山】

知恩院(華頂山知恩教院大谷寺)

 

【お題目】

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

 

【主な経典】

観無量寿経、無量寿経、阿弥陀経

 

【戒名】

〇〇院☆誉◇◇居士(信士)⇒男性

〇〇院☆誉◇◇大姉(信女)⇒女性

 

【石塔に入れる梵字】

悉曇文字キリーク

石塔に梵字を入れる場合は『キリーク』で、竿石正面は『~家之墓』以外にも『倶会一処』『南無阿弥陀仏』ときざむ場合もある。

 

※倶会一処とは先に亡くなった肉親と極楽浄土でともに会うことができるという意味で受け入れられ、多くの人々の間で浄土信仰が支持された。

 

禅宗(臨済宗・曹洞宗)のお墓

【開祖】

臨済宗・・・栄西(えいさい)

開祖栄西が天台宗を学び、二度の中国行きの後、鎌倉時代初期に京都・建仁寺の初代住職となり臨済宗が開かれる。

 

曹洞宗・・・道元(どうげん)

華やかな禅文化を嫌い、永平寺でひたすた座禅修行をすることを決意した道元によって開かれ、四代目の瑩山によって全国に広められた。

 

【総本山】

臨済宗・・・妙心寺派 正法山妙心寺

曹洞宗・・・吉祥山永平寺(福井県吉田郡)、諸嶽山総持寺(神奈川県横浜市)

 

【お題目】

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

 

【主な経典】

臨済宗・・・般若心経、大悲呪、観音経

曹洞宗・・・般若心経、観音経、法華経、修証義、正法眼蔵

 

【戒名】

〇〇院☆☆◇◇居士(信士)⇒男性

〇〇院☆☆◇◇大姉(信女)⇒女性

 

【石塔に入れる字】

禅宗墓石えんそう

禅宗の棹石には『円相』という円い輪を入れます。(完全な悟りの境地を現したもので成仏を意味する)

『~之墓』以外にもご本尊の名号である『南無釈迦牟尼仏』ときざむ場合もある。



 

浄土真宗のお墓

【開祖】

親鸞(しんらん)

法然の弟子の親鸞が法然の『念仏の教え』を元に、念仏には信心が大切であると強調した『信心念仏』によって浄土教を完成させる。

八代目の蓮如によって全国最大規模の教団組織に発展した。

 

【総本山】

本願寺派・・・西本願寺(京都市下京区)

大谷派・・・東本願寺(京都市下京区)

 

【お題目】

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

 

【主な経典】

仏説無量寿経、仏説阿弥陀経、仏説観無量寿経

 

【戒名】※法名

釈〇〇⇒男性

釈尼〇〇⇒女性

 

【石塔に入れる梵字】

禅宗の棹石には『~家之墓』以外にも『南無阿弥陀仏』『倶会一処』『~家総廟』などをきざむ場合もある。

 

【浄土真宗のお墓の特徴】

塔婆を立てない。

 

 

日蓮宗のお墓

【開祖】

日蓮(にちれん)

「法華経」こそが釈迦最高の教典との確信を得て立教を宣言する。

「南無妙法蓮華経」の題目を唱え、善行を積めば何人も救われると説いている。

 

【総本山】

身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡身延町)

 

【お題目】

南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)

 

【主な経典】

法華経

 

【戒名】※法号

〇〇院☆日◇◇居士(信士)⇒男性

〇〇院☆妙◇◇大姉(信女)⇒女性

 

【石塔に入れる梵字】

禅宗の棹石には『~家之墓』以外にも『妙法』『妙法蓮華経』などをきざむ場合もある。

 

まとめ

仏教各宗派それぞれの特徴とお墓にきざむ文字をほんとうに簡単にですがご紹介させていただきました。

これからお墓を探そうとお考えの方には事前知っておいて損はないと思いますし、既にお墓をお持ちの方(特に寺院墓地)にも、もう一度宗派の特徴を簡単におさらいしていただけたのではないでしょうか。

お墓や供養の形が多様化している現代だからこそ、ひとつひとつの意味をよく理解しておくことも大切だと感じます。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【全国対応】お墓探しのミカタがご希望条件を元に最適な石屋さんを完全無料でリサーチいたします。

  • 生前墓を建てたい。
  • 不幸があり新たにお墓を建てて納骨したい。
  • お墓が遠くお参りが大変なので改葬(引越し)をしたい。
  • 墓じまいをして仏様を永代供養したい。

 

お墓に関するお悩みがあり当サイトをご覧いただいている場合も多いかと存じます。満足のいくお墓つくりには良き石材店との出会いが欠かせませんが、多くの会社があり何を基準に選んで良いかわからないものです。ご希望条件から最適な石材店をお墓の専門家が近隣エリアからリサーチして完全無料でご紹介いたします。


石材店無料マッチングサービスを利用する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*