お墓の探し方

新しい生活様式下でのお墓の探し方のポイントと購入までの手順

新しい生活様式下でのお墓の探し方を考える

新型コロナウィルス(COVID-19、以下「コロナ」と表記)はいまだ世界各国で猛威をふるっています。コロナが流行する前と後では、世界の在り方そのものが変わるといわれています。

 

お墓探しもまた、このコロナの影響を避けることはできません。新しい生活様式の下・変わっていく世界の環境下における「お墓探しの方法」を模索します。



新しい生活様式下ではお墓探しに必須である複数の墓地見学が難しい

「お墓」は、ご先祖様である故人と今を生きる家族とを繋げる大切なもの。また、自身もいずれ、やすらかに眠るための終の棲家でもあります。

 

そのため、この「お墓探し」はじっくりと吟味して、自身や家族が納得いくお墓を探すべきです。

 

家を建てるときに、家を建てる場所をまったく見ずに契約を決める人はいないでしょう。お墓探しにおいても、墓地を見に行くことは大切です。実際に墓地に足を運んで、

  1. 立地とアクセスのしやすさ
  2. バリアフリーかどうか
  3. 墓地はきれいに管理されているか
  4. スタッフの対応は満足のいくものか
  5. 墓地の経営主体はどこか
  6. お参りができる時間は何時から何時までか
  7. 費用はどうなっているのか

 

を確認しなければなりません(なお、この前段階として、「自分(故人)の宗教に対応した墓地であるかどうか」を確かめておいてください)。

 

実際に足を運んでみることで初めて見えてくるものもあるからです。できれば、候補となる墓地をすべてを自分の目で見に行きたいものです。

 

しかし、新型コロナウィルス流行前ならば当たり前にできたこれらのチェックも、コロナが猛威をふるうなかではなかなか難しいのが現状です。

 

 

新しい生活様式下では家にいて出来る限りの情報収集が可能なお墓探しサイトが必須

新しい生活様式でのお墓購入の基本は自宅にいながら資料請求して塾考すること

上で挙げたチェック項目のなかで、1から4までの項目(立地及びアクセスのしやすさ・バリアフリーかどうか・墓地はきれいかどうか・スタッフの対応)は実際に足を運ばなければみることが難しいものです。

 

バリアフリーに関してはある程度資料でも把握できますが、詳細を確認したいということであれば、やはり自分の目で確かめる必要があります。

 

しかし、5から7の項目(墓地の経営主体・お参りができる時間・費用)は、家でも確認できるものです。墓地に問い合わせを行えば経営主体やお参りができる時間、費用について詳しく教えてくれることでしょう。なお「費用」に関しては、
・管理費などの墓地の維持費
・埋葬や法要の際の使用できる施設や費用
・後継者がいない場合やいなくなった後の永代供養の有無
などを確認しておくようにしましょう。

 

これらの情報を事前に知ることで、候補となる墓地の選択肢を絞ることができます。そして候補となる墓地の選択肢を狭めることができれば、それだけ「足を運ばなければならない墓地」を少なくできるというわけです。

 

言ってみれば、この「事前の確認」は、「良い墓地を探すというよりも、不適応な墓地を除外する作業」ともいえます。この段階で、費用や時間面などで折り合いがつかない墓地があれば、それを選択肢から省いていけるわけです。

 

またこのお墓探しサイトで資料を請求して吟味するという作業は、「家でできる」といったメリットだけではなく、「365日24時間、いつでも問い合わせることができるメリット」もあります。

 

ただ、候補となる墓地を自分で探すのはなかなか大変なものです。すでにアテがあるのであれば自分で調べても良いのですが、そうではない場合は、お墓探しサイトなどを利用しましょう。

 

お墓探しサイトは、さまざまな条件(樹木葬や納骨堂のような弔い方の指定・住まいの住所・地域による選択・併設されている施設にはどのようなものがあるかなど)を指定して検索することができます。

 

そのうえ、自分がチェックした墓地に対して、無料で、かつ一括で資料を請求することができます。このため、自分自身で調べる手間を最小限に抑えることができます。

 

 

 

お墓探しサイトで取り寄せた資料で家にいながら候補を絞り込み最終的には現地見学

墓地を見学して購入を検討する家族

資料請求をすれば資料が届きますし、その資料を吟味することで候補となる墓地をかなり絞り込むことができます。この段階で、2~3個程度に候補を絞り込むことができれば、その後の工程が非常にやりやすくなります。

 

最終候補を出した後に、一度現地に行ってみてください。資料は非常に大切なものですが、最終決定は、やはり現地を見てから行うべきです。現地で疑問点を聞き、また確認して、自分が使う墓地を決定するのが良いでしょう。

 

墓地見学を見学する際は必ず請求した資料に同封された問い合わせ先に見学のアポイントを取ってから見学してください。アポイント無しで見学してしまうとサービスやギフトカード等の特典を受けられなくなりますので注意してください。

 

資料は「最終候補を絞りこむために役立つもの」ではありますが、資料をみただけで決定してしまうのは危険だからです。

コロナが流行っている状況では資料の価値が高まりますが、最終決定はやはり現地に足を運んでみてからにしてください。

 

なお、「お墓は探しているが、実はそれほど急いでいるわけではない」という場合は、コロナがある程度落ち着いてから探し始めるのも手です。ただその前に資料を請求しておけば、候補地は絞りやすくなるでしょう。

 

「今までの生活様式とは違う生活様式」が求められるようになった今、お墓探しも「資料を中心とし、現地に足を運ぶ回数は最小限にする方がベター」であるといえます。

 

 

 

関連記事:新型コロナウィルスの流行による建墓・お墓探しへの影響

関連記事:新型コロナウィルス流行の影響で法事法要は行うべき?参加するべき?

関連記事:新型コロナウィルスの影響で葬儀はどうする?遺族と参列者の葬式対応

 

お墓探しのミカタ - にほんブログ村

お墓を買うお金がない場合はどうする?低予算で納骨可能な4つの方法

お墓を買うお金が無い人のお役立ち情報

「身内に突然の不幸があり、お墓の必要性に迫られているが、肝心のお金が無い・・」

「身寄りのない親族の遺骨を引き取ることになったが、同じお墓に納骨できないので、出来るだけお金をかけずに納骨先を探したい・・」

 

お墓の平均購入費は約200万円必要と言われていて、お墓を購入(建墓)したいと思っていても、お金が無くて難しい場合も少なくないと思います。

 

少子化高齢化が進み、お墓を購入しても将来的に管理してくれる後継者がいない方も多い現在では、墓地に墓石を建てて一族で継承していく従来のお墓以外の納骨先の選択肢が増えています。

 

少ない予算で納骨可能な方法をご紹介します。

 

選択肢① 納骨堂

お金が無くても納骨できる選択肢 納骨堂

納骨堂とは、十三回忌や三十三回忌までなど、一定の期間遺骨を屋内で収蔵できる施設です。

 

一名分のスペースが基本ですが、中には家族も含めて数名まで収骨可能なところもあり、一定の期間以降は土に還す(合祀)ところが多いです。

 

寺院が管理運営している納骨堂は、その宗派にそった供養を行う必要があるところが多いので、事前に確認が必要です。

 

費用は、東京都心の好アクセスで最新設備が整った納骨堂は、150万円以上する高額な場合もありますが、一般的なところであれば、20~60万円程度で納骨可能なところも多いです。

 

一名分の納骨施設の費用として安いですが、ご家族を含めた複数人の納骨先として考えた場合は、かえって高くなる場合があるので注意が必要です。

 

ご子息など後継者がいる場合は、従来のお墓の方が費用が抑えられる場合もありますので、よく比較する事をおすすめします。

 

 

 

 

関連記事:納骨堂の意味は?費用と選び方に合祀墓と永代供養墓との違い

関連記事:納骨堂とお墓を比較|購入経験をもとにメリットとデメリットをご紹介

 

選択肢② 永代供養墓

お金がかからない納骨施設選択肢永代供養墓

永代供養墓とは、後継者がいなくても申し込み可能で、管理運営する寺院が定期的に読経をあげるなど、永代に渡って供養されることを前提としたお墓の事です。

 

石塔や仏塔をシンボルとして、地下などに納骨スペースがあり、骨壺のまま納骨可能なところもあれば、最初から土に還す(合祀)ところもあります。

 

樹木をシンボルとした永代供養墓(樹木葬)も近年人気があります。

 

永代供養墓は、多くの場合個人のお墓ではなく、多くの人と共有するお墓であると理解したうえで検討する必要があります。

 

費用は、名刹や立地条件の良い寺院は高額な場合もありますが、個別の納骨スペースがない多くの永代供養墓は、数万円から高くても数十万円程度が相場だといえます。

 

 

 

 

関連記事:永代供養墓は無縁仏対策に最適

関連記事:永代供養の相場は?お寺の宗派や埋葬方法の違いによる注意点

 

選択肢③ 合葬墓(合祀墓)

納骨先の選択肢 合葬墓

合葬(合祀)墓は、読経などの供養サービスは特になく、最初から土に還す形で、他の方と同じスペース(土)に一緒に埋葬されるお墓です。

 

合葬墓として建てられた施設もあれば、永代供養墓と兼用しているところもあります。

 

費用は永代供養墓と同様に幅がありますが、供養がなく簡易的な合葬墓は一般墓や納骨堂と比較して安く、中には数万円で申し込み可能なところもあります。

 

 

 

 

関連記事:合葬墓とは?公営と民営の費用相場から納骨堂との違いと選ぶ前の注意点

 

選択肢④ 送骨

納骨先の選択肢 送骨

初めて目にする人も多いかと思いますが、読んで字のごとく遺骨を寺院等に郵送して埋葬してもらう方法です。

 

身寄りのない遠い親戚の遺骨を引き取る事になったが、同じお墓に納骨するわけにはいかず、お金もかけられないといった場合など、現段階では特殊な状況での利用に限られていると思いますが、手間とお金をかけずに埋葬できる選択肢の一つです。

 

費用は3万円程度から募集しているところも多いので、一番費用をかけずに遺骨を埋葬できる方法だと言えます。

 

関連記事:送骨とは?寺院にゆうパックで遺骨を配達する永代供養の新形態

 

 

選択肢⑤ 公営墓地

安くお墓を買える公営墓地

市営霊園等の公営墓地は、墓地の土地使用料となる『永代使用料』が、近隣の民営霊園と比較すると大幅に安い場合が多いです。

 

また、民営霊園や寺院墓地にある指定石材店以外はお墓の工事ができないという指定石材店制度がないため、石材店間での競争原理がはたらき、墓石工事代金も近隣の民間霊園や寺院墓地と比較して安く建てることが可能です。

 

公営墓地のデメリットとしては、人口の多い都市部の公営墓地は特に、求める人の競争が激しく、倍率の高い抽選に当たらないと墓地を求められないという点です。

 

特に東京都営霊園などは、年に一度の募集に多くの人が申込み、かなりの狭き門となっています。

 

地域によっては、抽選のない公営墓地もありますので、最寄りの公営墓地を調べてみる価値はあります。

 

 

 

まとめ

ここまで低予算で納骨(埋葬)可能な方法を4つご紹介しました。

 

現時点ではお金が無く納骨先を用意できないが、先々はお金を貯めてお墓を用意しようと考えた場合には、一時予骨という方法もあります。

 

納骨堂では、少額で一時的に遺骨を預かってくれるところもあり、例えば東京都営多磨霊園のみたま堂は、申し込み者の住所が東京都であれば、年間1800円の使用料で一時予骨が可能で、更新すれば最長5年まで預ける事ができます。その間にお墓等の納骨先を検討する事が可能です。

 

関連記事:都立霊園は当たらない?令和元年の値段など募集内容と過去の抽選倍率

 

地獄の沙汰も金次第と言いますが、人間は死んだあとも正直お金がかかります。

 

しかし、現在ではお墓の形態も多様化していて、少額で納骨(埋葬)できる方法も増えていますので、ご家族の状況や予算に応じた納骨先をインターネットを活用して広く情報収集する事をおすすめします。



関連記事:お墓はいらない!場合に他の方法は?ある意味と役割から必要性を考える

お墓はいらない!場合に他の方法は?墓の意味と役割から考えた必要性

お墓はいらないと考える人の理由は何か

弔いのかたちが多様化したこと、そして少子化傾向にあることから、従来の「最後の住処として、お墓を選ぶ」という選択肢は見直されつつあります。

 

今回は、この「お墓の役割と必要性」について見ていきます。

 

なお、現在はさまざまなお墓の形態がありますが、ここでいう「お墓」とは従来型の、墓地に置かれている墓石であり、そこに家族が代々眠っているという形態のものを指します。

 

ご希望条件に合った納骨先を探す

 

続きを読む

お墓の購入経験談|買うまでの3パターンと失敗しないための注意点

お墓購入の体験談

これからお墓を購入しようと考えている方にとって、他の人達はどのような状況でお墓を購入するに至ったかという経緯を知りたいものかと思います。

 

今回は、著者が石材店営業として対応させていただいたお客様で、特に多かった購入パターンをご紹介します。




続きを読む

生前墓を建てる!メリット多くて将来子供に迷惑をかけないための終活

オシャレな洋風生前墓

昨今、流行の兆しを見せる自らの死に向けての準備である「終活」。

 

自分にもしもの事が有った際に残された家族・親戚、特に子供に迷惑をかけたくないという親心が終活の背景にあります。

 

終活の主な内容として資産の整理、人間関係の整理、葬儀の準備などが真っ先に思い浮かびますが、遺骨となった後の納骨先であるお墓探しも忘れてはいけない終活のひとつです。

 

実家は兄弟が継いで、自身は先祖代々の墓に納骨できない等の場合は、生前の自身のお墓を上手に準備できれば残される子供への負担を大きく減らす事が可能です。

 

今回は子供に迷惑をかけないための終活のお墓編として『生前墓』に関してご紹介します。



続きを読む

お墓探し前に知るべき3つの墓地の種類と特徴

三つある墓地の種類とそれぞれの特徴

『公営墓地』『民営墓地』『寺院墓地』3つの墓地の種類

都営墓地と市営墓地

墓地を大きく分けると『公営墓地』『民営墓地』『寺院墓地』の三つの墓地形態があります。

 

 公営墓地 各都道府県市町村などの白治体が管理・運営する墓地で、宗教の制限はなく石材店も自由に決められます。
 民営墓地 宗教法人や公益法人(財団法人や社団法人など)が経営する墓地で宗派不問で、指定石材店制度がある場合が多い。
寺院墓地 寺院が管理運営する墓地で、その寺院の檀家となり寺院行事の参加や寄付など檀家としての勤めが必要になり、指定石材制度がある場合が多い。





続きを読む