寺院の檀家をやめて離檀したい人のお役立ち記事

「檀家(だんか)」という単語は、昔は非常によく知られた言葉でした。

 

家は寺院に属し、その寺院を助け支援するという考え方があったのです

 

江戸時代には法律として整備されており、家は必ずどこかの寺に所属していました。

 

現在でもこの考えは、マイルドになったものの残ってはいます。

 

「檀家としてどこまで活動するか」は人や家、お寺によって変わり、宗教活動を助ける積極的な檀家もあれば、「法要のときや葬儀のときだけ、特定のお寺にお願いする」としている檀家もあります。

 

昨今ではこの「檀家」の意識も薄れてきており、檀家を辞めたいと考える人もいます。

 

今回は、この「檀家をやめること」とそのメリットとデメリットについて触れていきます。




続きを読む